TOP > 研究報告検索 > ウナギが解き明かす精子形成の謎

ウナギが解き明かす精子形成の謎

研究報告コード R013000021
掲載日 2007年5月11日
研究者
  • 三浦 猛
研究者所属機関
  • 北海道大学大学院水産科学研究科生命資源科学専攻・生命機能学講座
研究機関
  • 北海道大学大学院水産科学研究科生命資源科学専攻・生命機能学講座
報告名称 ウナギが解き明かす精子形成の謎
報告概要 ウナギを実験材料として,精子形成の制御機構の解析を行った。ウナギの精子形成過程でユニークな発現変化を示す因子のcDNAクローンを35種類得ることに成功し(表1),これらの因子をそれぞれ精子形成関連因子:eSRS 1~35と名付けた。これらの因子と精子形成の制御との関係を検討した結果,eSRS34は,精原幹細胞の増殖の制御に(図1), eSRS1(アクチビンB)とeSRS21Aは精子形成の開始の制御(図2)に,eSRS22は精子成熟の制御にそれぞれ内分泌の支配を受けて作用することが明らかとなった。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R013000021_01SUM.gif R013000021_02SUM.gif R013000021_03SUM.gif
研究分野
  • 分子遺伝学一般
  • 遺伝子の構造と化学
  • 遺伝子発現
  • 生殖器官
関連発表論文 (1)Miura, T., Kudo, N., Miura, C., Yamauchi, K., and Nagahama, Y. (1998). Two testicular cDNA clones supressed by gonadotropin stimulation exhibit ZP2- and ZP3-like structures in Japanese eel. Mol. Reprod. Dev. 51,235-242.
(2)Miura, C., Miura, T, Kudo, N., Yamashita, M., and Yamauchi, K. (1999). cDNA cloning of a stage specific gene expressed during HCG-induced spermatogenesis in the Japanese eel. Dev. Growth. Differ. 41, 463-471.
(3)Nader, M.R., Miura, T., Ando, N., Miura, C., and Yamauchi, K. (1999). Recombinant human insulin-like growth factor I stimulates all stages of 11-ketotestosterone induced spermatogenesis in the testis of the Japanese eel Anguilla japonica, in vitro. Biol. Reprod. 61, 944-947.
(4)Miura, T., Miura, C., Ohta, T., Nader, M.R., Todo, T., and Yamauchi, K.(1999). Estradiol-17β stimulates the renewal of spermatogonial stem cells in males. Biochem. Biophys. Res. Commun. 264, 230-234.
(5)Ando, N., Miura, T., Nader, M.R., Miura, C., and Yamauchi, K. (2000). A method for estimating the number of mitotic divisions in fish testes. Fisheries Sci. 66, 299-303.
(6)Kudo, N., Miura, T., Miura, C., and Yamauchi, K. Expression and localization of eel testicular ZP-homologues in female Japanese eel (Anguilla japonica). Zool. Sci. (in press)
研究制度
  • さきがけ研究21、「素過程と連携」領域/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 三浦 猛. ウナギが解き明かす精子形成の謎. 「さきがけ研究21」「素過程と連携」領域 講演要旨集(研究期間1997-2000),2000. p.73 - 84.

PAGE TOP