TOP > 研究報告検索 > Tリンパ球の分化と選択を決定づける細胞内信号 -Tリンパ球の分化制御を目で見よう-

Tリンパ球の分化と選択を決定づける細胞内信号 -Tリンパ球の分化制御を目で見よう-

研究報告コード R013000023
掲載日 2007年5月11日
研究者
  • 高浜洋介
研究者所属機関
  • 徳島大学ゲノム機能研究センター遺伝子実験施設
研究機関
  • 徳島大学ゲノム機能研究センター遺伝子実験施設
報告名称 Tリンパ球の分化と選択を決定づける細胞内信号 -Tリンパ球の分化制御を目で見よう-
報告概要 免疫応答で中心的役割を担うTリンパ球は胸腺で発生分化する。この時幼若T細胞は遺伝子再構成により任意の認識特異性を示す抗原レセプターを発現するが,自己抗原反応性の有害な細胞は排除され外来抗原反応性の有用な細胞は分化誘導される。抗原レセプターという表面受容体を介した分化制御であるが,細胞の生と死をもたらすレセプター信号はどう分岐しどう異なるのだろうか?本研究は器官培養系の幼若T細胞に任意の信号伝達分子を発現させる手法を開発する(図1)ことにより,ERK経路とp38経路のMAPキナーゼ経路が生と死の選択をもたらすレセプター信号に関与することが分かった(図2)。胸腺で分化したTリンパ球は生体防御に与えるためリンパ組織へ移住するが,細胞移動に関して顕微鏡下で細胞の移動を直接トレースする胸腺器官培養法を開発を行い,成熟Tリンパ球の胸腺移出にELCと呼ばれるCCケモカインの一つが関与することが分かった(図3)。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R013000023_01SUM.gif R013000023_02SUM.gif R013000023_03SUM.gif
研究分野
  • 生体の顕微鏡観察法
  • ホルモン・サイトカイン・生理活性ペプチド一般
  • 生体防御と免疫系一般
  • 細胞膜の輸送
  • リンパ系
関連発表論文 (1)Sugawara, T., Di Bartolo, V., Miyazaki, T., Nakauchi, H., Acuto, O., and Takahama, Y. (1998). An improved retroviral gene transfer technique demonstrates inhibition of CD4-CD8-thymocyte development by kinase-inactive ZAP-70. J. Immunol. 161, 2888-2894.
(2)Tokoro, Y., Sugawara, T. Yaginuma, H., Nakauchi, H., Terhorst, C., Wang, B., and Takahama, Y. (1998). A mouse carrying genetic defect in the choice between T and B lymphocytes. J. Immunol. 161, 4591-4598.
(3)Sugawara, T., Moriguchi, T., Nishida, E., and Takahama, Y. (1998). Differential roles of ERK and p38 MAP kinase pathways in positive and negative selection of T lymphocytes. Immunity 9, 565-574.
(4)Apostolou, I., Takahama, Y., Belmant, C., Kawano, T., Huerre, M., Marchal, G., Cui, J., Taniguchi, M., Nakauchi, H., Fournie, J.J., Kourilsky, P., and Gachelin, G. (1999). Murine natural killer T cells contribute to the granulomatous reaction caused by mycobacterial cell walls. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 96, 5141-5146.
(5)Kaneta, M., Osawa, M., Osawa, M., Sudo, K., Nakauchi, H. Farr, A., and Takahama, Y. (2000). A role for Pref-1 and HES-1 in thymocyte development. J. Immunol. 164, 256-264.
(6)Sheard, M.A., Sharrow, S.O., and Takahama, Y. (2000). Synchronous deletion of Mtvsuperantigen-reactive thymocytes in the CD3 medium/high CD4+CD8+ subset. Scand. J. Immunol. (in press)
(7)Hayashi, K., Natsume, W., Watanabe, T., Iwai, N., Okada, H., Asano, M., Iwakura, Y., Habu, S., Takahama, Y., and Satake, M. The AML1 transcription factor regulates the maturation of single positive T lymphocytes, and essential step to maintain the peripheral T cell pool. (submitted for publication)
(8)Yoh, K., Sugawara, T., Motohashi, H., Igarashi, K., Takahama, Y., Yamamoto, M., and Takahashi, S. Overexpressed MafK suppresses T cell proliferation and functions. (submitted for publication)
(9)Sugawara, T., Matsuzawa, A., Tobiume, K., Ichijo, H., and Takahama, Y. ASK1 participates in antigen-receptor signals that induce negative selection of developing T lymphocytes. (submitted for publication)
(10)Ueno, T., Hara, K., Masumoto, N., Matsumoto, M., Onai, N., Matsushima, K., Yoshie, O., Swope Willis, M. Springer, T.A., and Takahama, Y. Role for ELC/MIP-3β/CCL19 in the emigration of newly generated T lymphocytes out of the thymus. (submitted for publication)
研究制度
  • さきがけ研究21、「素過程と連携」領域/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 高浜洋介. Tリンパ球の分化と選択を決定づける細胞内信号 Tリンパ球の分化制御を目で見よう. 「さきがけ研究21」「素過程と連携」領域 講演要旨集(研究期間1997-2000),2000. p.99 - 110.

PAGE TOP