TOP > 研究報告検索 > 知的創造活動のモデル化とCollective Creationを支援するプロトタイプシステムの構築と検証

知的創造活動のモデル化とCollective Creationを支援するプロトタイプシステムの構築と検証

研究報告コード R013000029
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • 中小路 久美代
研究者所属機関
  • (株)SRAソフトウエア工学研究所
研究機関
  • (株)SRAソフトウエア工学研究所
報告名称 知的創造活動のモデル化とCollective Creationを支援するプロトタイプシステムの構築と検証
報告概要 多くの知的創造作業がコンピュータシステムを用いておこなわれるようになりつつある。本研究では,ドキュメント構築やオーサリングタスクといった知的創造活動を「Collective Creation:他者が生成/外在化した『表現』を利用することによる個人の知的創造活動」として捉え(図1),それを支援するインタラクティブシステム,およびそのための汎用的枠組みを構築した。いくつかのドメイン(応用問題領域)に的を絞り構築したCollective Creationを支援するプロトタイプシステム(図2)を用いたユーザ観察により,問題領域に依存しない,タスク横断的なインタラクションの枠組み(図2)が存在すること知見として得た。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R013000029_01SUM.gif R013000029_02SUM.gif
研究分野
  • 研究開発
  • 人工知能
関連発表論文 (1)K. Nakakoji, Y. Yamamoto, What does the Representation Talk-back to You?, Knowledge-Based Systems Journal, Special Issue on Semiotic Approaches to User Interface Design, Elsevier Science, Vol.14, No.8, pp.449-453, 2001.
(2)K. Nakakoji, M. Ohira, Y. Yamamoto, Computational Support for Collective Creativity, Knowledge-Based Systems Journal, Elsevier Science,Vol.13 No.7-8, pp.451-458,December, 2000.
(3)K. Nakakoji, Y. Yamamoto, B.N. Reeves, S. Takada, Two-Dimensional Positioning as a Means for Reflection in Design, Design of Interactive Systems (DIS'2000), ACM, New York, NY, pp. 145-154, August, 2000.
(4)中小路久美代,山本恭裕,大平雅雄,言葉と印象のインタラクティブ可視化空間,人工知能学会ことば工学研究会,SIG-LSE-9904-1,pp.1-5,March,2000.
(5)K. Nakakoji, Y. Yamamoto, M. Ohira, A Framework that Supports Collective Creativity in Design using Visual Images, Creativity and Cognition'99, Loughborough, UK., ACM Press, New York, NY., pp.166-173, October, 1999.
(6)K. Nakakoji, S. Takada, Y. Yamamoto, Two-Dimensional Positioning as a Means to Represent Strategic Knowledge in Design, Strategic Knowledge and Concept Formation 99, Iwate, Japan, pp. 109-121, October, 1999.
(7)中小路久美代,山本恭裕,大平雅雄,Collective Creativityの支援へ向けて,情報処理学会ヒューマンインタフェース・情報メディア研究会,99-HI-84-6,pp.31-36,August,1999.
(8)K. Nakakoji, Y. Yamamoto, T. Suzuki, S. Takada, M.D. Gross, Beyond Critiquing: Using Representational Talkback to Elicit Design Intention, Knowledge-Based Systems Journal, Elsevier Science, Amsterdam, Vol.11, No.7-8, pp.457-468, 1998.
(9)K. Nakakoji, Y. Yamamoto, K. Sugiyama, S. Takada, Finding the “Right” Image: Visualizing Relationships among Persons, Images and Impressions, in Designing Effective and Usable Multimedia Systems, A. Sutcliffe, J Ziegler, P. Johnson (Eds.), Kluwer Academic Publishers, The Netherlands, pp.91-102, September, 1998.
(10)中小路久美代,置換から補完,そして増幅へ:知的支援システムの新たな役割,人工知能学会研究会,SIG-J-98-1-10,pp.41-46,December,1998.
(11)中小路久美代,高田眞吾,設計における暗黙的根拠の明示化に関する一考察,第8回設計工学・システム部門講演会,pp.596-599,日本機械学会,November,1998.
(12)中小路久美代,三つのCとコンピュータ:Culture,Communication&Creativityへの計算機支援の可能性を探る,情報学シンポジウム'97講演論文集,pp.100-107,1997.
研究制度
  • さきがけ研究21、「情報と知」領域/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 中小路 久美代. 新しいインタラクティブシステムと協調的創造支援への応用 Collective Creativity インタラクションによる創発の支援. 「さきがけ研究21」「情報と知」領域 講演要旨集(研究期間1997-2000),2000. p.41 - 47.

PAGE TOP