TOP > 研究報告検索 > 固液界面の吸着構造 ポルフィリン等有機化合物の吸着構造

固液界面の吸着構造 ポルフィリン等有機化合物の吸着構造

研究報告コード R990003939
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 國武 雅司
  • 秋葉 宇一
  • 大柿 克彦
  • 金潤根
  • N. Batina
研究者所属機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
研究機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
報告名称 固液界面の吸着構造 ポルフィリン等有機化合物の吸着構造
報告概要 溶液からの吸着において,基板と有機分子の相互作用を適度に制御することにより,比較的複雑な構造のマクロ分子であっても,金属基板上に二次元的に高度に配列した分子膜を形成させることができることを見いだした。本報では,水溶性ポルフィリンの代表的な化合物の一つであるTMPyP(図1)から作製した各種のポルフィリン分子膜について報告する。
1)よう素修飾金(111)表面上のH2-TMPyP分子膜:よう素を修飾した金(111)単結晶表面を基板に用いると,ポルフィリン分子が,水溶液から自発的に吸着・自己組織化し,二次元有機薄膜を形成した(図2)。
2)よう素を修飾した銀(111),白金(111)上のTMPyP分子膜:金以外の他の金属でも,よう素修飾表面を用いてH2-TMPyPの吸着を検討した。図3に銀(111)表面及び白金(111)表面で観察されたH2-TMPyP分子膜のSTM像を示した。
3)金属を配位したTMPyP膜:中心に金属イオンが配位したTMPyPも同様な方法で二次元的に金属基板表面に配列させることができた。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R990003939_01SUM.gif R990003939_02SUM.gif R990003939_03SUM.gif
研究分野
  • 顕微鏡法
  • 有機化合物の薄膜
  • 物理的手法を用いた吸着の研究
関連発表論文 (1)M. Kunitake, N. Batina, K. Itaya, Langmuir, 11, 2337 (1995).
(2)N. Batina, M. Kunitake, K. Itaya, J. Electroanal. Chem., 405, 245 (1996).
(3)K. Ogaki, N. Batina, M. Kunitake, K. Itaya, J. Phys. Chem., 100, 7185 (1996).
(4)K. Itaya, N. Batina, M. Kunitake, K. Ogaki, Y.-G. Kim, L. J. Wan, T. Yamada, ACS Symposium Series (The Symposium on Electron Spectroscopy and STM/AFM Analysis of the Solid-Liquid Electrochemical Interface)(1996).
(5)M. Kunitake, U. Akiba, N. Batina, K. Itaya, Langmuir, 13, 1607 (1997).
研究制度
  • 創造科学技術推進事業、板谷固液界面プロジェクト/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 國武 雅司,秋葉 宇一,大柿 克彦,金潤根,N. Batina. 固液界面の吸着構造 ポルフィリン等有機化合物の吸着構造. 創造科学技術推進事業 板谷固液界面プロジェクト 最終シンポジウム要旨集(研究期間:1992-1997),1997. p.7 - 10.

PAGE TOP