TOP > 研究報告検索 > 水素結合認識に基づく自己組織化構造のデザインと形成

水素結合認識に基づく自己組織化構造のデザインと形成

研究報告コード R013000045
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • Jean-Marie Lehn
研究者所属機関
  • 科学技術振興事業団 国際共同研究事業 超分子プロジェクト
研究機関
  • 科学技術振興事業団 国際共同研究事業 超分子プロジェクト
報告名称 水素結合認識に基づく自己組織化構造のデザインと形成
報告概要 分子のもつ情報と認識プロセスに基づく超分子構造エンジニアリングに関する研究を行い以下に示す結果を得た。トリアミノトリアジン化合物Aのクラウンエーテル環部位に金属イオンを配位することによる,バルビツール酸誘導体Bとの水素結合による超分子大環状化合物Dの形成の確認をイオン化エレクトロスプレイ質量分析法にて行った(図1)。次に,二つの水素結合能サブユニットをもつ平面構造の一連の複素環化合物,特に分子の両端に二つの同じ形式の水素結合部位をもつ化合物(Janus型分子)(図2)の合成について検討を行った。さらに,相補的なメラミンとバルビツール酸誘導体から水素結合によって形成された超分子構造の自己組織化会合体では,ホモキラルな構造の形成が示された(図3)。最後に,5-アルキルウラシル基をもつポルフィリン2分子とアルキルトリアミノピリミジン2分子との自己会合により,カゴ型超分子構造が得られた。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R013000045_01SUM.gif R013000045_02SUM.gif R013000045_03SUM.gif
研究分野
  • 質量分析計
  • 配位化合物一般
  • 分子化合物
  • 3ヘテロ原子以上の六員複素環化合物
関連発表論文 (1)Investigation of Self-Assembled Supramolecular Species in Solution by IL-ESMS, a New Mass Spectrometric Technique. K.C. Russell, E. Leize, A. Van Dorsselaer and J.-M. Lehn, Angew. Chem. Int. Ed. Engl. 1995, 34, 209.
(2)Janus Molecules: Synthesis of Double-Headed Heterocycles Containing Two Identical Hydrogen Bonding Arrays A. Marsh, E.G. Nolen, K.M. Gardinier and J.-M. Lehn, Tetrahedron Letters 1994, 35, 397.
(3)Self-complementary hydrogen bonding heterocycles designed for the enforced self-assembly into supramolecular macrocycles A. Marsh, M. Silvestri and J.-M. Lehn, J. Chem. Soc., Chem. Commun. 1996, 1527.
(4)Mesoscopic Supramolecular Assembly of a “Janus Molecule and a Melamine Derivative via Complementary Hydrogen Bonds N. Kimizuka, S. Fujikawa, H. Kuwahara, T. Kunitake, A. Marsh and J.-M. Lehn, J. Chem. Soc., Chem. Commun. 1995, 2103.
(5)Self-assembly of a Bisporphyrin Supramolecular Cage Induced by Molecular Recognition Between Complementary Hydrogen Bonding Sites. C.M. Drain, R. Fischer, E.G. Nolen and J.-M. Lehn. J. Chem. Soc., Chem. Commun. 1993, 243.
(6)Crystal State Structures of Chiral Hydrogen-Bonded Dimers: A Study on Supramolecular Stereochemistry M. Suarez, N. Branda, J.-M. Lehn and A. Decian submitted to publication.
(7)Self-assembly of hydrogen bonded supramolecular strands from complementary melamine and barbiturate components with chiral selection K.C. Russell, J.-M. Lehn, N. Kyritsakas, A. Decian and J. Fischer submitted to publication.
研究制度
  • 国際共同研究事業、超分子プロジェクト/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • Jean-Marie Lehn. 水素結合認識に基づく自己組織化構造のデザインと形成. 国際共同研究事業 超分子プロジェクト 研究終了報告書(研究期間:1992-1997),1997. p.63 - 68.

PAGE TOP