TOP > 研究報告検索 > 植物のアルミニウムストレス耐性機構 II. 超微量アルミニウム測定法による好アルミニウム植物,ルジグラス培養細胞内のアルミニウム/蛋白質複合体の検出

植物のアルミニウムストレス耐性機構 II. 超微量アルミニウム測定法による好アルミニウム植物,ルジグラス培養細胞内のアルミニウム/蛋白質複合体の検出

研究報告コード R013000071
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • 斎藤 彰
  • 宮崎 力
  • 正岡 淑邦
  • 小林 紘一
研究者所属機関
  • 農林水産省 九州農業試験場育種工学研究室
  • 科学技術振興事業団
  • 広島大学大学院生物圏科学研究科
  • 東京大学原子力総合研究センター
研究機関
  • 科学技術振興事業団
  • 東京大学原子力総合研究センター
  • 農林水産省 九州農業試験場育種工学研究室
報告名称 植物のアルミニウムストレス耐性機構 II. 超微量アルミニウム測定法による好アルミニウム植物,ルジグラス培養細胞内のアルミニウム/蛋白質複合体の検出
報告概要 土壌の酸性度がpH5.5以下では,アルミニウム(Al)は大部分の植物の生育を阻害する。一方,亜熱帯地域の酸性土壌に栽培される牧草ルジグラスは中性土壌に比べ生育が良い。本研究では,ALがルジグラスの生育を促進する機構を解明するために,その細胞培養系を確立した。種々のpH条件下における培養により,その細胞増殖は酸性条件(pH3.5-4.5)で一般的な植物細胞培養で適切な条件であるpH5.8と比べ促進された(図1)。pH4.0の培養条件で26Alを添加し,細胞内に取り込まれた26Alを加速器質量(AMS)分析すると,26Alは添加後24時間直線的に取り込まれていた(図2)。さらに,26Alが取り込まれた細胞の水溶性分画を未変性PAGE電気泳動分析し,またそのゲル切断片中の26AlをAMS分析した。その結果,いくつかの蛋白質が超微量の26Al(10-15g/gel slice)と相互作用していることが示唆された(図3)。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R013000071_01SUM.gif R013000071_02SUM.gif R013000071_03SUM.gif
研究分野
  • 生物物理的研究法
  • 細胞・組織培養法
  • 細胞生理一般
  • 細胞構成体の機能
  • 植物栄養
関連発表論文 (1)A. Saito, Y. Masaoka, H. Matsuzaki, H. Nagai and K. Kobayashi Nucl. Instr. and Metho.,1999 in press
研究制度
  • 共同研究等促進事業、長崎県「動植物細胞におけるストレス応答機構」/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 斎藤 彰,宮崎 力,正岡 淑邦,小林 紘一. 植物のアルミニウムストレス耐性機構 超微量アルミニウム測定法による好アルミニウム植物,ルジグラス培養細胞内のアルミニウム/蛋白質複合体の検出. 共同研究等促進事業 長崎県 共同研究支援プロジェクト “動植物細胞におけるストレス応答機構” (平成7~平成11年度) 研究成果報告書,2000. p.150 - 156.

PAGE TOP