TOP > 研究報告検索 > 植物のアルミニウムストレス耐性機構 III. 酸性土壌アルミニウムストレス下における大麦種子根と冠根の異なった応答機構

植物のアルミニウムストレス耐性機構 III. 酸性土壌アルミニウムストレス下における大麦種子根と冠根の異なった応答機構

研究報告コード R013000072
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • 斎藤 彰
  • 正岡 淑邦
  • 佐藤 和広
研究者所属機関
  • 農林水産省 九州農業試験場育種工学研究室
  • 広島大学大学院生物圏科学研究科
  • 岡山大学資源生物科学研究所大麦・野生植物資源研究センター
研究機関
  • 農林水産省 九州農業試験場育種工学研究室
  • 農林水産省 九州農業試験場生産環境部
報告名称 植物のアルミニウムストレス耐性機構 III. 酸性土壌アルミニウムストレス下における大麦種子根と冠根の異なった応答機構
報告概要 大根の根を種子根と冠根に区別し,酸性土壌における各々の酸性・アルミニウムストレス応答としての発根能と伸長能を指標として,アルミニウム耐性品種と感受性品種間の応答の差を解析した(表1)。アルミニウム耐性2品種Dayton,Brindabellaと感受性2品種Kearney,Skiffの葉身発芽能はアルミニウムストレスで同様に抑制されたが,耐性品種の伸長能の阻害度は感受性品種に比べ小さかった。種子根発根能はストレスに影響されず,伸長能は耐性品種で感受性品種に比べ阻害度が小さかった(図1)。冠根では,耐性品種はストレスにより発根能が抑制され,感受性品種では促進された。伸長能は耐性2品種で異なった応答を示し,Brindabellaで促進,Daytonで抑制された。感受性2品種の冠根は,発根初期には促進されるが,後期には抑制された(図2)。Brindabella冠根のアルミニウムストレス応答はDaytonとは異なるアルミニウムストレス耐性遺伝子発現が推定された。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R013000072_01SUM.gif R013000072_02SUM.gif R013000072_03SUM.gif
研究分野
  • 発生,成長,分化
  • 植物栄養
  • 土壌鉱物
  • 植物の栄養障害
関連発表論文 (1)A. Saito, Y. Masaoka, J.S. Moroni, B. Scott, B. Read and K. Sato: Compensatory growht of crown roots in the Al-tolerant barley variety, Brindabella grown in the Australian acid soil submitted
研究制度
  • 共同研究等促進事業、長崎県「動植物細胞におけるストレス応答機構」/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 斎藤 彰,正岡 淑邦,佐藤 和広. 植物のアルミニウムストレス耐性機構 酸性土壌アルミニウムストレス下における大麦種子根と冠根の異なった応答機構. 共同研究等促進事業 長崎県 共同研究支援プロジェクト “動植物細胞におけるストレス応答機構” (平成7~平成11年度) 研究成果報告書,2000. p.157 - 170.

PAGE TOP