TOP > 研究報告検索 > 老化ストレス関連遺伝子(WRN)の機能解析

老化ストレス関連遺伝子(WRN)の機能解析

研究報告コード R013000079
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • 児玉 靖司
  • 鈴木 啓司
  • 渡邉 正己
研究者所属機関
  • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科放射線生物学研究室
  • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科放射線生物学研究室
  • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科放射線生物学研究室
研究機関
  • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科放射線生物学研究室
報告名称 老化ストレス関連遺伝子(WRN)の機能解析
報告概要 最近単離された遺伝的早老症Werner症候群(WS)の原因遺伝子,WRN遺伝子の機能解析を試みた。WS細胞に特異的に見られる異常形質を調べ,異常形質に対し外来性の正常WRN遺伝子の発現がどう影響を及ぼすか検討した。SV40で不死化したWS細胞(WS780)について,細胞増殖率,4-nitroquinoline-1-oxide(4NQO)感受性,自然突然変異率及び突然変異のタイプについて解析したところ,細胞増殖率及び自然突然変異率は,対照細胞とWS780細胞との間に差が見られなかった。しかし,WS780細胞は4NQOに高感受性であり,欠失型突然変異の出現率が非常に高いことが分かった(表1)。そこで,WRN遺伝子が存在する8番染色体をWS780細胞に移入して外来性のWRN遺伝子の発現を確認後(図1),4NQO感受性及び欠失型突然変異の出現頻度について調べたところ,WS780細胞に見られるこれらの形質に関する異常は,全く正常化されないことが分かった(表2)。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R013000079_01SUM.gif R013000079_02SUM.gif R013000079_03SUM.gif
研究分野
  • 分子遺伝学一般
  • 遺伝子発現
  • 細胞分裂・増殖
  • 先天性疾患・奇形の診断
関連発表論文 (1)T. Tsutsui, Y. Tanaka, Y. Mitsudo, K. Hasegawa, A. Komine, T. Fujino, S. Kodama, and J.C. Barrett: Extended lifespan and immortalization of human fibroblasts induced by X-ray irradiation. Mol. Carcinogenesis.,18,7-18 (1997)
(2)T. Matsumoto, T. Miyazaki, Y. Kosugi, T. Kumada, S. Koyama, S. Kodama, and M. Watanabe: Reaction of long-lived radicals and vitamin C in γ-irradiated mammalian cells and their model system at 295 K. Tunneling reaction in biological system. Radiat. Phys. Chem.,49,547-551(1997)
(3)S. Kodama, G. Kashino, K. Suzuki, T. Takatsuji, Y. Okumura, M. Oshimura, M. Watanabe and J.C. Barrett: Failure to complement abnormal phenotypes of SV40-transformed Werner syndrome cells by introduction of a normal chromosome 8, Cancer Res.,58,5188-5195(1998)
(4)H. Utsumi, S. Kodama, S.,K. Tano, M.W. Hashimoto, H. Watanabe: Establishment and characterization of a hypocatalasemic mouse cell strain. J. Radiat. Res.,39,165-174(1998)
(5)M. Suzuki, Z. Yang, K. Nakano, F. Yatagai, K. Suzuki, S. Kodama and M. Watanabe: Extension of in vitro life-span of γ-irradiated human embryo cells accompanied by chromosome instability, J. Radiat. Res.,39,203-213(1998)
(6)Z. Yang, S. Kodama, K. Suzuki and M. Watanabe: Telomerase activity, telomere length, and chromosome aberrations in the extension of life span of human embryo cells induced by low-dose X-rays, J. Radiat. Res.,39,35-51(1998)
研究制度
  • 共同研究等促進事業、長崎県「動植物細胞におけるストレス応答機構」/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 児玉 靖司,鈴木 啓司,渡邉 正己. 老化ストレス関連遺伝子(WRN)の機能解析. 共同研究等促進事業 長崎県 共同研究支援プロジェクト “動植物細胞におけるストレス応答機構” (平成7~平成11年度) 研究成果報告書,2000. p.242 - 255.

PAGE TOP