TOP > 研究報告検索 > 動物細胞のストレス応答に関する研究(I): 熱ショック蛋白質(HSP)の機能に関する研究

動物細胞のストレス応答に関する研究(I): 熱ショック蛋白質(HSP)の機能に関する研究

研究報告コード R013000081
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • 鈴木 啓司
  • 渡邉 正己
  • 児玉 靖司
研究者所属機関
  • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科放射線生物学研究室
  • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科放射線生物学研究室
  • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科放射線生物学研究室
研究機関
  • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科放射線生物学研究室
報告名称 動物細胞のストレス応答に関する研究(I): 熱ショック蛋白質(HSP)の機能に関する研究
報告概要 ストレス応答反応を細胞レベルあるいは分子レベルで解明するため,正常ヒト胎児由来細胞において,マイルドなストレスに応答し誘導される熱ショックタンパク質(HSP)の1つHSP72を同定した。これまでに,異なったストレスはヒトHSP72遺伝子のプロモーターに存在する別々の転写調節配列を介してHSP72遺伝子の発現を誘導していること,ファイブロネクチン等細胞外基質がストレスによるHSP72蛋白質の誘導に影響を及ぼすこと,誘導されたHSP72蛋白質は異なったストレスに対し異なった機能を発現すること,HSP72蛋白質は平常生理条件下でも発現し細胞の分裂や増殖に重要な働きをしていること,正常ヒト細胞の老化に伴い外的ストレスに対する応答性が低減していくこと(図1),低レベルの温熱ストレスの反復が細胞寿命の延長や細胞分化の促進に関わっていること(図2),HSP72相同蛋白質が植物細胞にも存在すること(図3)などが分かった。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R013000081_01SUM.gif R013000081_02SUM.gif R013000081_03SUM.gif
研究分野
  • 生物学的機能
  • 分子遺伝学一般
  • 遺伝子発現
  • 生体防御と免疫系一般
  • 細胞生理一般
関連発表論文 (1)M. Watanabe, K. Suzuki, S. Kodama and T. Sugahara: Normal human cells at confluence get heat resistance by efficient accumulation of HSP72 in nucleus, Carcinogenesis, 16, 2373-2380 (1995)
(2)T.K. Hei, Z.Y. He and K. Suzuki: Effect of antioxidant on fiber mutagenesis, Carcinogenesis, 16, 1673-1678 (1995)
(3)Tom K. Hei, C.Q. Piao, T. Sutter, J.C. Willey and K. Suzuki: Cellular and molecular alterations in human epithelial cells transformed by high LET radiation, Adv. Space Res., 18, 137-148 (1996)
(4)K. Suzuki and T.K. Hei: Mutation induction in _-irradiated primary human bronchial epithelial cells and molecular analysis of the HPRT- mutants, Mutation Res., 349, 33-41 (1996)
(5)K. Suzuki and T.K. Hei: Induction of heme oxygenase in mammalian cells by mineral fibers: Distinct effects of reactive oxygen species, Carcinogenesis, 17, (1996)
(6)K. Suzuki, Multistep nature of X-ray-induced neoplastic transformation in mammalian cells: genetic alterations and instability, J. Raidat. Res., 38, 55-63 (1997)
研究制度
  • 共同研究等促進事業、長崎県「動植物細胞におけるストレス応答機構」/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 鈴木 啓司,渡邉 正己,児玉 靖司. 動物細胞のストレス応答に関する研究 (I) 熱ショック蛋白質(HSP)の機能に関する研究. 共同研究等促進事業 長崎県 共同研究支援プロジェクト “動植物細胞におけるストレス応答機構” (平成7~平成11年度) 研究成果報告書,2000. p.271 - 300.

PAGE TOP