TOP > 研究報告検索 > 動物細胞のストレス応答に関する研究(II): ストレスによる情報伝達経路の活性化と細胞増殖制御

動物細胞のストレス応答に関する研究(II): ストレスによる情報伝達経路の活性化と細胞増殖制御

研究報告コード R013000082
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • 鈴木 啓司
  • 渡邉 正己
  • 児玉 靖司
研究者所属機関
  • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科放射線生物学研究室
  • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科放射線生物学研究室
  • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科放射線生物学研究室
研究機関
  • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科放射線生物学研究室
報告名称 動物細胞のストレス応答に関する研究(II): ストレスによる情報伝達経路の活性化と細胞増殖制御
報告概要 様々な種類の環境ストレスに対する受容・伝達のメカニズム及び機能制御機構について検討した。放射線・紫外線・温熱いずれのストレスに対してもp53(図1)及びMAP kinaseファミリー(図2)は応答するが,ストレスの質あるいは量によってその反応性が異なることが分かった。放射線ストレスは細胞核及び細胞膜近傍で受容され,ATMやERK1/2(図3)等の蛋白質リン酸化酵素の活性化を介して核に伝達され,p53蛋白質を始めとする様々なストレス応答分子の機能を活性化することが明かとなった。さらに,核及び細胞膜からの情報伝達は,p53蛋白質等共通のストレス応答因子のリン酸化を介して互いにクロストークし情報を集約することにより細胞応答を制御していることが示された。また,ストレスによる新たな細胞増殖抑制機構を発見し,このストレス応答の消失が細胞がん化の1つのメカニズムであることを提唱した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R013000082_01SUM.gif R013000082_02SUM.gif R013000082_03SUM.gif
研究分野
  • 生物学的機能
  • 遺伝子発現
  • 生体防御と免疫系一般
  • 細胞構成体の機能
  • 細胞膜の受容体
関連発表論文 (1)K. Suzuki: Multistep nature of X-ray-induced neoplastic transformation in mammalian cells: genetic alterations and instability, J. Raidat. Res., 38, 55-63 (1997)
(2)K. Suzuki, S. Kodama, and M. Watanabe: Effect of Low-dose preirradiation on induction of the HSP70B-LacZ fusion gene in human cells treated with heat shock, Radiat. Res., 149, 195-201 (1998)
(3)K. Suzuki, R. Takahara, S. Kodama, and M. Watanabe: In situ detection of chromosome bridge formation and delayed reproductive death in normal human embryonic cells surviving X irradiation, Radiat. Res., 150, 375-381 (1998)
(4)K. Suzuki, S. Kodama, and M. Watanabe: Suppressive effect of low-dose preirradiation on genetic instability induced by X rays in normal human embryonic cells, Radiat. Res., 150, 656-662 (1998)
(5)S. Kodama, G. Kashino, K. Suzuki, T. Takatsuji, Y. Okumura, M. Oshimura, M. Watanabe, and J.C. Barrett, Failure to complement abnormal phenotypes of Simian virus 40-transformed Werner syndrome cells by introduction of a normal human chromosome 8, Cancer Res., 58, 5188-5195 (1998)
(6)S. Koyama, S. Kodama, K. Suzuki, T. Matsumoto, T. Miyazaki, and M. Watanabe: Radiation-induced long-lived radiacals which cause mutation and transformation, Mutat. Res., 421, 45-54 (1998)
(7)M. Suzuki, Z. Yang, K. Nakano, F. Yatagai, K. Suzuki, S. Kodama, and M. Watanabe, Extension of in vitro life-span of γ-irradiated human embryo cells accompanied by chromosome instability, J. Radiat. Res., 39, 203-213, 1998.
(8)Z. Yang, S. Kodama, K. Suzuki, and M. Watanabe, Telomerase activity, telomere length, and chromosome aberrations in the extension of life span of human embryo cells induced by low-dose X-rays, J. Radiat. Res., 39, 35-51 (1998)
(9)K. Suzuki, S. Kodama, and M. Watanabe: Recruitment of ATM protein o double strand DNA irradiated with ionizing radiation, J. Biol. Chem., 274, 25571-25575 (1999)
(10)J.C. Ghosh, K. Suzuki, S. Kodama, and M. Watanabe: Effects of protein kinase inhibitors on accumulation kinetics of p53 protein in normal human embryo cells following X irradiation, J. Radiat. Res., 40, 23-37 (1999)
(11)J.C. Ghosh, Y. Izumida, K. Suzuki, S. Kodama, and M. Watanabe: Dose-dependent biphasic accumulation of p53 protein in normal human embryo cells following X-irradiation, Radiat. Res., in press.
研究制度
  • 共同研究等促進事業、長崎県「動植物細胞におけるストレス応答機構」/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 鈴木 啓司,渡邉 正己,児玉 靖司. 動物細胞ストレス応答に関する研究 (II) ストレスによる情報伝達経路の活性化と細胞増殖制御. 共同研究等促進事業 長崎県 共同研究支援プロジェクト “動植物細胞におけるストレス応答機構” (平成7~平成11年度) 研究成果報告書,2000. p.301 - 341.

PAGE TOP