TOP > 研究報告検索 > メカニカルストレスにより分化誘導されたヒト歯根膜細胞におけるEGFおよびEGF-Rの役割

メカニカルストレスにより分化誘導されたヒト歯根膜細胞におけるEGFおよびEGF-Rの役割

研究報告コード R013000083
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • 松田 尚樹
  • 横山 兼久
  • 竹下 哲史
  • 渡邉 正己
研究者所属機関
  • 長崎大学アイソトープ総合センター
  • 科学技術振興事業団 長崎研究室
  • 長崎大学医学部原研放射
  • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科放射線生物学研究室
研究機関
  • 科学技術振興事業団 長崎研究室
  • 長崎大学アイソトープ総合センター
報告名称 メカニカルストレスにより分化誘導されたヒト歯根膜細胞におけるEGFおよびEGF-Rの役割
報告概要 Flexercell cell-strain unitを用いてヒト歯根膜細胞に伸張率9%及び18%,6回/分の伸張反復ストレス(cyclic stretch)を加えたところ,ストレス負荷4日以降において,骨性分子マーカーであるアルカリ性フォスファターゼ(ALP)活性(図1)及びオステオカルシン(OCN)mRNA発現(図2)が上昇した。その逆に,細胞増殖性は抑制された。これらのメカニカルストレスの作用は,EGF(10 ng/ml)存在下で完全に消失した。その一方,メカニカルストレスによりEGF-Rタンパク量は減少した。また,EGFと結合後のEGF-Rの自己リン酸化タンパクは,メカニカルストレスによりむしろ増加した(図3)。メカニカルストレスは歯根膜細胞の分化を誘導すること,メカニカルストレスとEGF/EGF-Rの相互作用が,骨芽細胞とセメント芽細胞の供給源としての歯根膜細胞を制御している可能性が示唆された。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R013000083_01SUM.gif R013000083_02SUM.gif R013000083_03SUM.gif
研究分野
  • ホルモン・サイトカイン・生理活性ペプチド一般
  • 細胞分裂・増殖
  • 細胞膜の受容体
  • 歯の基礎医学
関連発表論文 (1)N. Matsuda: Glycosaminoglycans modulate chemotaxis and collagen gel contractability of cultured human periodontal ligament cells, Jpn. J. Oral. Biol., 38, 274-284 (1996)
(2)N. Matsuda, N.M. Kumar, P.R. Ramakrishnan and M.I. Cho: Role of epidermal growth factor receptor in osteoblastic differentiation of rat bone marrow stromal cells, J. Bone Miner. Mitab., 14, 137-145 (1996)
(3)N. Matsuda, A. Takemura, S. Taniguchi, A. Amano and S. Shizukuishi: Porphyromonas gingivalis reduces mitogenic and chemotactic responses of human periodontal ligament cells to platelet-derived growth factor in vitro, J. Periodontol., 67, 1335-1341 (1996)
(4)N. Matsuda, K. Yokoyama, S. Takeshita and M. Watanabe: Role of epidermal growth factor and its receptor in mechanical stress-induced differentiation of human periodontal ligament cells in vitro, Archs. Oral. Biol., 43, 987-997 (1998)
(5)A. Takemura, N. Matsuda, S. Kimura, T. Fujiwara, I. Nakagawa and S. Hamada: Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide modulates the responsiveness of human periodontal ligament fibroblasts to platelet-derved growth factor, J. Periodont. Res., 33, 400-407 (1998)
研究制度
  • 共同研究等促進事業、長崎県「動植物細胞におけるストレス応答機構」/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 松田 尚樹,横山 兼久,竹下 哲史,渡邉 正己. メカニカルストレスにより分化誘導されたヒト歯根膜細胞におけるEGFおよびEGF-Rの役割. 共同研究等促進事業 長崎県 共同研究支援プロジェクト “動植物細胞におけるストレス応答機構” (平成7~平成11年度) 研究成果報告書,2000. p.342 - 358.

PAGE TOP