TOP > 研究報告検索 > 海洋微生物ライブラリーの構築と有用細菌のスクリーニング

海洋微生物ライブラリーの構築と有用細菌のスクリーニング

研究報告コード R013000091
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • 竹下 哲史
  • 福田 久孝
  • 小中尾 政則
  • 空閑 哲雄
  • 松田 和子
  • 山下 晶子
  • 東島 貴子
  • 松田 尚樹
  • 森田 直子
  • 小田 達也
  • 渡邉 正己
研究者所属機関
  • 長崎大学医学部附属原爆後障害医療研究施設
  • 長工醤油味噌協同組合
  • 長崎県産業技術振興財団
  • 三菱長崎機工(株)
  • 科学技術振興事業団 長崎研究室
  • 科学技術振興事業団 長崎研究室
  • 科学技術振興事業団 長崎研究室
  • 長崎大学アイソトープ総合センター
  • 長崎大学医学部附属原爆後障害医療研究施設
  • 長崎大学水産学部海洋生物物理化学
  • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科放射線生物学研究室
研究機関
  • 科学技術振興事業団 長崎研究室
  • 三菱長崎機工(株)
  • 長工醤油味噌協同組合
  • 長崎県産業技術振興財団
  • 長崎大学アイソトープ総合センター
報告名称 海洋微生物ライブラリーの構築と有用細菌のスクリーニング
報告概要 本研究は,長崎県(図1)において海底の泥,沿岸汽水域の泥、海水等由来の,海洋性或いは海洋環境に順応した微生物を分離し,スクリーニングした生理活性を有する微生物の種々の分野での利用を将来構想として,その基盤となる「海洋微生物ライブラリー」の構築を目的としている。平成9年度第1回のサンプリングの83サンプルから,細菌2,314株,放線菌296株,計2,610株を分離,保存した(図2)。第2回目のサンプリングの60サンプルから,細菌1,785株,放線菌565株,計2,350株を分離した。平成10年度のサンプリングでは採集した45サンプルから,細菌は1,359株,放線菌は561株を分離し,海洋微生物ライブラリー登録株を10,377株とした。ライブラリー登録株から赤潮プランクトンの一種Chattonella marinaに対して殺藻性を示す細菌のスクリーニングを行い,強力な殺藻性を示す細菌を見い出し,Alteromonas属の一種であると同定された(図3)。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R013000091_01SUM.gif R013000091_02SUM.gif R013000091_03SUM.gif
研究分野
  • 微生物の接種・培養法
  • 微生物形態学・分類学
  • 有害生物防除剤
研究制度
  • 共同研究等促進事業、長崎県「動植物細胞におけるストレス応答機構」/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 竹下 哲史,福田 久孝,小中尾 政則,空閑 哲雄,松田 和子,山下 晶子,東島 貴子,松田 尚樹,森田 直子,小田 達也,渡邉 正己. 海洋微生物ライブラリーの構築と有用細菌のスクリーニング. 共同研究等促進事業 長崎県 共同研究支援プロジェクト “動植物細胞におけるストレス応答機構” (平成7~平成11年度) 研究成果報告書,2000. p.497 - 533.

PAGE TOP