TOP > 研究報告検索 > 環境因子による発がん機構のモデル化

環境因子による発がん機構のモデル化

研究報告コード R013000106
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • 菅原 努
  • 渡邉 正己
  • 丹羽 太貫
研究者所属機関
  • (財)体質研究会
  • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科放射線生物学研究室
  • 広島大学原医研分子病理
研究機関
  • (財)体質研究会
  • 広島大学原医研分子病理
  • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科放射線生物学研究室
報告名称 環境因子による発がん機構のモデル化
報告概要 発がん機構の新しいモデルとして,環境因子に対する細胞のストレス応答に始まり,発がんに到る系を念頭において,現在までの知見を収集した。具体的には,放射線生物におけるnon-quantal性,放射線誘発固形腫瘍の特性:化学発がんとの比較,がん化及びその悪性化の細胞生物学的指標,子宮頚癌と放射線:HPVとがん化,環境因子(放射線)に対する細胞反応の可能性について5つのテーマ別に発がん機構の特性を検討した。これに基づいてモデルの構築を試みた。しかし,生物反応の可能性を主とする複雑性を考えると単純な一連の反応からなるモデルは適当ではなく,確立過程とフィードバックを含む複雑系を考える必要があると結論された。これにはコンピューター・シュミレーションなどを活用する必要があり,今後の課題とせざるを得なかった。
研究分野
  • 生体防御と免疫系一般
  • 細胞レベルに対する影響
  • 人間に対する影響
  • 発癌機序・因子
研究制度
  • 共同研究等促進事業、長崎県「動植物細胞におけるストレス応答機構」/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 菅原 努,渡邉 正己,丹羽 太貫. 環境因子による発がん機構のモデル化. 共同研究等促進事業 長崎県 共同研究支援プロジェクト “動植物細胞におけるストレス応答機構” (平成7~平成11年度) 研究成果報告書,2000. p.693 - 695.

PAGE TOP