TOP > 研究報告検索 > 熱ショックタンパクを指標とした自動癌診断システムの開発研究

熱ショックタンパクを指標とした自動癌診断システムの開発研究

研究報告コード R013000119
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • 藤田 健一
  • 深瀬 和昭
  • 川里 庸子
  • 児玉 靖司
  • 鈴木 啓司
  • 浜本 和之
  • 渡邉 正己
研究者所属機関
  • 池本理化工業(株)
  • 池本理化工業(株)
  • 池本理化工業(株)
  • 長崎大学薬学部
  • 長崎大学薬学部
  • 長崎大学医学部薬剤部
  • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科放射線生物学研究室
研究機関
  • 池本理化工業(株)
  • 長崎大学医学部薬剤部
報告名称 熱ショックタンパクを指標とした自動癌診断システムの開発研究
報告概要 がん細胞の悪性度と熱ショックタンパク72(hsp72)の発現量に密接な関係があること(図1)に着目し,細胞におけるhsp72発現量を迅速に測定する臨床検査システムの開発を試みた。その結果,がん細胞をスライドグラス上に培養し,24時間後に固定し,DNAとhsp72をそれぞれプロピオニュームヨーダイド(PI)および抗hsp72抗体で二重染色し,レーザースキャニングサイトメーター(LSC)でDNAおよびhsp72量を自動的に測定する(図2)ことによって,極めて短時間にがんの悪性度を判定できることが判った(図3)。この方法は,従来のウエスタンブロッティング法によるhsp72の判定に比べ,必要な細胞数が1/1000以下で良い,測定時間が数分で済む,一連の操作と結果の判定に熟練を要しない,バイオプシ切片の利用が可能,など多くの利点を有し,実用性の高い方法と考えられる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R013000119_01SUM.gif R013000119_02SUM.gif R013000119_03SUM.gif
研究分野
  • レーザの応用
  • 生化学的分析法
  • バイオアッセイ
  • 医療用機器装置
関連発表論文 (1)T. Matsumoto, T. Miyazaki, ……and M. Watanabe: Reaction of long-lived radicals and vitamin C in g-irradiated mammalian cells and their model system at 259K. Tunneling reaction in biological system, Radiat. Phys. Chem., in press.
(2)T. Honda, N. Sadamori, … … and M. Watanabe: Spontaneous immortalization of cultured skin fibroblasts obtained from a high dose atomic bomb survivor, Mutation Res., 354(1996)15-26.
(3)K. Ishii, and M. Watanabe: Participation of gap junctional cell communication on the adaptive response in human cells induced by low dose of X-rays, Intl. J. Radiat. Biol., 69(1996)291-299.
(4)T. Tsutsui, Y. Tanaka, … … S. Kodama, and J.C. Barrett: Extended lifespan and immortalization of human fibroblasts induced by X-ray irradiation, Mol. Carcinogenesis, in press.
(5)K. Komatsu, S. Matsuura, H. Tauchi, S. Endo, S. Kodama, et al.: The gene for Nijmegen breakage syndrome (V2) is not located on chromosome 11, Am. J. Hum. Genet., 58, 885-888(19996).
(6)K. Suzuki, and T.K. Hei, Mutation induction in g-irradiated primary human bronchial epithelial cells and molecular analysis of the HPRT mutants, mutation Res., 349, 33-41(1996).
(7)T.K. hei, C.Q. Piao, …… and K. Suzuki, Cellular and molecular alterations in human epithelial cells transformed by high LET radiation, Adv. Space Res., 18, 137-148 (1996).
(8)K. Suzuki, and T.K. Hei: Induction of heme oxygenase in mammalian cells by mineral fibers: distinctive effectofreactive oxygen species, Carcinigenesis, 17, 661-667 (1996).
研究制度
  • 共同研究等促進事業、長崎県「動植物細胞におけるストレス応答機構」/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 藤田 健一,深瀬 和昭,川里 庸子,児玉 靖司,鈴木 啓司,浜本 和之,渡邉 正己. 熱ショックタンパクを指標とした自動癌診断システムの開発研究. 共同研究等促進事業 長崎県 共同研究支援プロジェクト “動植物細胞におけるストレス応答機構” (平成7~平成11年度) 研究成果報告書,2000. p.745 - 754.

PAGE TOP