TOP > 研究報告検索 > ビス(亜鉛ポルフィリン)におけるキラリティ-誘起の制御

ビス(亜鉛ポルフィリン)におけるキラリティ-誘起の制御

研究報告コード R013000134
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • ビクター・ボロフコフ
研究者所属機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
研究機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
報告名称 ビス(亜鉛ポルフィリン)におけるキラリティ-誘起の制御
報告概要 超分子系キラリティー誘起は現代化学の新しい学際的研究分野である。我々は,超分子系キラリティー誘起プロセスの研究においてビス(亜鉛ポルフィリン)が最適なアキラルホストとして働くことを見出した。このプロセスは,本来アキラルな構造からキラルゲストと錯体を形成したキラルな超分子系集合体への変換を含み,これは明白で容易に観測可能なスペクトル変換挙動である。キラリティ-誘起プロセスのメカニズムはゲストの絶対構造に支配される一方向への捻じれに基づく。従って,(S)-モノアミンとアルコールは正のCDキラリティーを示す右螺旋を,(R)-ゲストは負のCDキラリティーを示す左螺旋をもたらす。キラリティ-誘起は種々の外的および内的要因によって影響されることが見出された。ビス(亜鉛ポルフィリン)中のキラリティ-誘起を制御する温度,化学量論,結合力およびバルキネスパラメータの役割およびキラルゲスト絶対構造のCDスペクトル決定への本システムの応用について考察した(図1)。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R013000134_01SUM.gif
研究分野
  • 偏光,複屈折,光学回転
  • 反応の立体化学
  • 八員環以上の複素環化合物
研究制度
  • 創造科学技術推進事業、井上光不斉反応プロジェクト/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • ビクター・ボロフコフ. ビス(亜鉛ポルフィリン)におけるキラリティー誘起の制御. 創造科学技術推進事業 井上光不斉反応プロジェクトシンポジウム 光がひらくキラリティー 講演要旨集(研究期間:1996-2001),2001. p.34 - 35.

PAGE TOP