TOP > 研究報告検索 > 個体発生,系統発生におけるアドヘレンスジャンクションのダイナミクス

個体発生,系統発生におけるアドヘレンスジャンクションのダイナミクス

研究報告コード R013000143
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • 小田 広樹
研究者所属機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
研究機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
報告名称 個体発生,系統発生におけるアドヘレンスジャンクションのダイナミクス
報告概要 我々は個体発生,系統発生におけるカドヘリン,カテニン,アクチンに基づくアドヘレンスジャンクションの動態を調べた。ショウジョウバエの原腸形成の過程で,厳密にコントロールされた個々の細胞のふるまいが単純な上皮陥入へと繋がる様子を観察することができた。アドヘレンスジャンクションは動的であり,上皮形態形成の間,細胞形態の変化と連係していた。無脊索動物のカドヘリンは脊索動物には無い細胞外ドメインのセット(PCCD complex)を持っている。PCCD complexはカドヘリンが合成された後に細胞膜のアピカルに正常に配置されるのに重要であることが示された。脊索動物とホヤ類ではPCCD complexは無い。昆虫は無脊索動物よりは小さいサイズではあるがすべてPCCD complexを持っている(図1)。無脊索動物から脊索動物が分岐した時あるいは直後にPCCD complexが消失してカドヘリンの構造が単純化したものと考えられる。
研究分野
  • 生物学的機能
  • 進化論一般
  • 細胞生理一般
  • 発生と分化
関連発表論文 (1)Oda, H., Tsukita, S. (1999). Dynaimic features of adherens junctions during Drosophila embryonic epithelial morphogenesis revealed by a Dα-catenin-GFP fusion protein. Dev. Genes Evol. 209, 218-225.
(2)Oda, H. and Tsukita, S. (2001). Real-time imaging of cell-cell adherens junction reveals that Drosophila mesoderm invagination begins with two phases of apical constriction of cells J. Cell Science 114, 493-501.
(3)Oda, H., Tsukita, S., Takeichi, M. (1998). Dynamic behavior of the cadherin-based cell-cell adhesion system during Drosophila gastrulation. Dev. Biol. 203, 435-450.
(4)Oda, H., Tsukita, S. (1999). Nonchordate classic cadherins have a structurally and functionally unique domain that is absent from chordate classic cadherins. Dev. Biol. 216, 406-422.
(5)Verkhusha, V. V., Tsukita, S., Oda, H. (1999). Actin dynamics in lamellipodia of migrating border cells in the Drosophila ovary revealed by a GFP-actin fusion protein. FEBS letters 445, 395-401.
(6)Verkhusha, V. V., Otusna, H., Awasaki, T., Oda, H., Tsuktia, S., Ito, K. (2001). An enhanced mutant of red fluorescent protein DsRed for double labeling and developmental timer of neural fiber bundle formation. J. Biol. Chem. 276, in press.
(7)Akiyama-Oda, Y., Hotta, Y., Tsukita, S., Oda, H. (2000). Distinct mechanisms triggering glial differentiation in Drosophila thoracic and abdominal neuroblasts 6-4. Dev. Biol. 222, 429-439.
(8)Akiyama-Oda, Y., Hotta, Y., Tsukita, S., Oda, H. (2000). Mechanism of glia-neuron cell fate switch in the Drosophila thoracic neuroblast 6-4 lineage. Development 127, 3513-3522.
研究制度
  • 創造科学技術推進事業、月田細胞軸プロジェクト/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 小田 広樹. Dynamics of intercellular junctions during ontogeny and phylogeny. 創造科学技術推進事業 月田細胞軸プロジェクトシンポジウム要旨集(研究期間:1996-2001),2001. p.59 - 73.

PAGE TOP