TOP > 研究報告検索 > 細胞間接合,極性,腫瘍抑制に働く因子Scribble

細胞間接合,極性,腫瘍抑制に働く因子Scribble

研究報告コード R013000144
掲載日 2005年2月22日
研究者
  • David Bilder
研究者所属機関
  • Department of Genetics, Harvard Medical School
研究機関
  • Department of Genetics, Harvard Medical School
報告名称 細胞間接合,極性,腫瘍抑制に働く因子Scribble
報告概要 我々はまず,ハエが上皮構造を成す細胞を生み出すのに必要な基本的因子としてPDZドメイン蛋白Scribble(Scrib)を同定した。scribの変異により,胎生表皮は単層円柱上皮から形の異なる細胞から成る多重層へと劇的な変化を示した。scribは細胞接合部で尖端基底の極性を制御するPDZドメインを含む蛋白をコードしている。さらにscribと共同して働く2種類の結合蛋白,Dlg,Lglを同定した。さらに上皮の尖端側にあり,極性決定においてScribと反対の作用で働く2番目の蛋白群CrbとStdを見つけた。これらの蛋白は極性と上皮構造形成に必要であることが示された。Scrib,Dlg, Lglは上皮だけでなく神経の極性形成にも必要である。Scribは紳経芽細胞の非対称分裂や神経筋接合にも必要である。これらの蛋白は脊椎動物にも見られることから,進化的にも保存された細胞間接合のオーガナイザーであろう。またこれらの蛋白は腫瘍抑制因子としても働いていると考えられる。
研究分野
  • 生物学的機能
  • 分子遺伝学一般
  • 細胞生理一般
関連発表論文 (1)Bilder, D. (2001). PDZ proteins and polarity: functions from the fly. Trends in Genetics 17: 511-8
(2)Bilder, D. (2001). Cell polarity: squaring the circle. Current Biology 11(4): R132-5.
(3)Bilder, D., M. Li, and N. Perrimon (2000). Cooperative regulation of cell polarity and growth by Drosophila tumor suppressors. Science 289 (5476): 113-6.
(4)Bilder, D., D. Birnbaum, J.P. Borg, P. Bryant, J. Huigbretse, E. Jansen, M. B. Kennedy, M. Labouesse, R. Legouis, B. Mechler, N. Perrimon, M. Petit and P. Sinha (2000). Collective nomenclature for LAP proteins. Nature Cell Biology 2 (7): E114
(5)Bilder, D. and N. Perrimon (2000). Localization of apical epithelial determinants by the basolateral PDZ protein Scribble. Nature 403 (6770): 676-80.
研究制度
  • 創造科学技術推進事業、月田細胞軸プロジェクト/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • David Bilder. Genetics of Epithelial Architecture: Junctions, Polarity and Tumor Suppressors. 創造科学技術推進事業 月田細胞軸プロジェクトシンポジウム要旨集(研究期間:1996-2001),2001. p.74 - 75.

PAGE TOP