TOP > 研究報告検索 > ヒトレトロウイルス腫瘍の発症と防御

ヒトレトロウイルス腫瘍の発症と防御

研究報告コード R013000149
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • 神奈木 真理
研究者所属機関
  • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科
研究機関
  • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科
報告名称 ヒトレトロウイルス腫瘍の発症と防御
報告概要 本研究ではヒトT細胞白血病ウイルス(HTLV-I)感染によっておこる成人T細胞白血病(ATL)の動物モデルを作成し,HTLV-I腫瘍発症における宿主免疫の役割を解明し,抗腫瘍ワクチンの可能性を示した。まず,感染個体における抗HTLV-I細胞性免疫応答の強さを決定する要因について検討した結果,経静脈,経腹腔等の経路で感染した場合は明瞭な免疫応答が得られるのに対し,経口感染の場合には抗体陰性・細胞性免疫低応答性のHTLV-I持続感染が成立した。次に,HTLV-Iリンパ腫瘍の実験系を作成し,細胞性免疫の抑制された個体ではHTLV-I感染細胞株の一部が生体内で腫瘍原性を持つこと,感染細胞が一旦生体内増殖性を獲得してもその増殖はT細胞免疫によって抑制されることが分かった。最後に,HTLV-ITaxは生体内で腫瘍抗原として働いており,Taxを抗原とするワクチンは抗腫瘍効果を誘導することを明らかにした。
研究分野
  • 抗原・抗体・補体の生化学
  • リンパ系
  • 血液の基礎医学
  • 血液の腫よう
  • 免疫療法薬・血液製剤の基礎研究
関連発表論文 (1)H. Kato, Y. Koya, T. Ohashi, S. Hanabuchi, F. Takemura, M. Fujii, H. Tsujimoto, A. Hasegawa, and M Kannagi. Oral administration of HTLV-I induces immune unresponsiveness with persistent infection in adult rats. J. Virol. 72:7289-7293, 1998.
(2)Y. Koya, T. Ohashi, H. Kato, S. Hanabuchi, T. Tsukahara, F. Takemura, K. Etoh, M. Matsuoka, M. Fujii, and M. Kannagi. Establishment of a seronegative HTLV-I-carrier state in rats inoculated with a syngeneic HTLV-I-immortalized T cell line preferentially expressing Tax. J. Virol. 73:6436-6443, 1999.
(3)T. Ohashi, S. Hanabuchi, H. Kato, Y. Koya, F. Takemura, K. Hirokawa, T. Yoshiki, Y. Tanaka, M. Fujii, and M. Kannagi. Induction of ATL-like lymphproliferative disease and its inhibition by adoptive immunotherapy in T-cell deficient nude rats inoculated with syngenic HTLV-I-immortalized cells. J. Virol. 73: 6031-6040, 1999.
(4)T. Tsukahara, M. Kannagi, T. Ohashi, H. Kato, M. Arai, G. Nunez, Y. Iwanaga, N. Yamamoto, K. Ohtani, M. Nakamura, and M. Fujii. Induction of Bcl-xL expression by HTLV-I Tax through NF-kB in apoptosis-resistant T-cell transfectants with Tax. J. Virol., 73: 7981-7987, 1999.
(5)S. Hanabuchi, T. Ohashi, Y. Koya, H. Kato, F. Takemura, K. Hirokawa, T. Yoshiki, H. Yagita, K. Okumura, and M. Kannagi, Development of human T cell leukemia virus type I (HTLV-I)-transformed tumor in rats following suppression of T cell immunity by CD80 and CD86 blockade. J. Virol., 74: 428-435, 2000.
(6)T. Ohashi, S. Hanabuchi, H. Kato, H. Tateno, F. Takemura, T. Tsukahara, Y. Koya, A. Hasegawa, T. Masuda, and M. Kannagi. Prevention of adult T cell leukemia-like lymphoproliferative disease in rats by adoptively transferred T cells from a donor immunized with human T cell leukemia virus type 1 Tax-coding DNA vaccine. J. Virol. 74: 9610-9616, 2000.
(7)M. Kannagi, T. Ohashi, S. Hanabuchi, H. Kato, Y. Koya, A. Hasegawa, T. Masuda, and T. Yoshiki. Immunological aspects of rat models of HTLV-type 1-infected T lymphoproliferative disease. AIDS Res. Hum. Retroviruses 16: 1737-1740, 2000.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、生体防御のメカニズム/研究代表者 神奈木 真理(東京医科歯科大学医学系研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 神奈木 真理. ヒトレトロウイルス腫瘍の発症と防御. 戦略的基礎研究推進事業「生体防御のメカニズム」公開シンポジウム 生体防御の分子メカニズム 免疫,2001. p.5 - 6.

PAGE TOP