TOP > 研究報告検索 > サッケードと滑動性眼球運動開始の神経機構

サッケードと滑動性眼球運動開始の神経機構

研究報告コード R013000173
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • 篠田 義一
研究者所属機関
  • 東京医科歯科大学
研究機関
  • 東京医科歯科大学
報告名称 サッケードと滑動性眼球運動開始の神経機構
報告概要 新しい対象物が視野に入ると,動物は目と頭を対象物に向け(サッケード),その動きを追跡して(滑動性眼球運動),網膜中心窩上に視標的を保持する。これらの眼球や頭部運動のために,中枢神経系は視覚情報に基づいて,眼球と頭部の動きを調節する運動指令を発する。眼球運動への網膜座標と頚部運動座標からのシグナルの感覚運動情報変換はシステム生理学の主たるテーマの一つである。この講演ではまず,サッケード,滑動性眼球運動,頚部運動を引き起こす神経経路に関する我々の研究知見を提示し,次にサッケードの開始と記憶情報誘導サッケードの神経機構を示す。滑動性眼球運動とサッケード抑制に関連して前頭眼野の機能的役割についても討論する。
研究分野
  • 中枢神経系
  • 視覚
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、脳を知る/研究代表者 篠田 義一(東京医科歯科大学)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 篠田 義一. Neural Organization of Initiation of Saccades and Smooth Pursuits. 戦略的基礎研究推進事業 研究領域「脳を知る」のシンポジウム “脳神経科学の最先端/Trends in Neuroscience at the Millennium” [プログラムおよび講演要旨],2001. p.16 - 16.

PAGE TOP