TOP > 研究報告検索 > X線解析による分子の励起構造の解明

X線解析による分子の励起構造の解明

研究報告コード R013000208
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • 大橋 裕二
研究者所属機関
  • 東京工業大学大学院理工学研究科
研究機関
  • 東京工業大学大学院理工学研究科
報告名称 X線解析による分子の励起構造の解明
報告概要 本研究で目標とした分子の励起構造のX線解析は,その解析の基盤となる迅速かつ精密なデータを得る迅速回折装置の開発と放射光をX線源とする測定法の開発があり,もう一方では比較的長寿命の励起構造の探索にあった(図1)。前者の目標では新たな回折装置R-AXIS RAPIDを開発し,さらに全く新たな二次元検出器MSGC(Micro Strip Gas Chamber)を開発し実際に2秒で構造解析に成功した。放射光施設Spring-8では,極低温真空カメラをBLO2B2ビームラインに設置し,汎用微小結晶回折装置をBLO4BO2ビームラインに設置した。これらを使って放射光での実験を可能にした。そしてMSGCを使って実際に構造解析を試みた。まだ放射光では十分な結果は得られていないが,新たな発展が期待できる。長寿命の励起構造では有機結晶の準安定構造から不安定構造の解析に成功し,白金錯体結晶では励起構造の解析にも成功した。低温下で光照射しながら精密なデータを収集する方法が確立したので,今後は対象とする結晶が広範に拡大すると予測される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R013000208_01SUM.gif
研究分野
  • 原子・分子一般
  • X線回折法
  • 中性子回折法
  • 構造決定法
関連発表論文 (1)Real-Time in situ Observation of Chemical reactions Yuji Ohashi Acta Cryst. A54, 842-849 (1998).
(2)X-ray Analysis of Structural Changes in Photochromic Salicylideneaniline Crystals. Solid-State Reaction Induced by Two-Photon Excitation Jun Harada, Hidehiro Uekusa and Yuji Ohashi J. Am. Chem. Soc., 121, 5809-5810 (1999).
(3)The first in situ Direct Observation of the Light-Induced Radical Pair from a Hexaarylbiimidazolyl Derivative by X-ray Crystallography Masaki Kawano, Tomokatsu Sano, Jiro Abe, and Yuji Ohashi J. Am. Chem. Soc., 121, 8106-8107 (1999).
(4)Novel X-ray Analyzing methods using a Micro Strip Gas Chamber Astuhiko Ochi, Toru Tanimori, Yuji Nishi, Tsutomu Nagayoshi, Yasuro Nishi, Yuji Ohashi, Hidehiro Uekusa, Hidenori Toyokawa, Katsunori Inoue and Tetsuro Fujisawa SPIE 3774, 76-86 (1999).
(5)Direct Observation of deuterium migration in crystalline-state reaction by single-crystal neutron diffraction. II. 3-1 Photoisomerization of a cobaloxime complex Takashi Ohhara, Jun Harada, Yuji Ohashi, Ichiro Tanaka, Shintaro Kumazawa and Nobuo Niimura Acta Cryst., B56, 245-253 (2000).
(6)X-Ray diffraction and spectroscopic studies of the light-induced metastable state of a ethylenediamine nitrosyl ruthenium complex Masaki Kawano, Ayako Ishikawa, Yoshiyuki Morioka, Hiroshi Tomizawa, Eiicho Miki, and Yuji Ohashi J. Chem. Soc. Dalton Trans., 2000, 2425-2431.
(7) Excited-state Structure of a Platinum Complex by X-ray Analysis Nobuhiro Yasuda, Masaki Kanazawa, Hidehiro Uekusa and Yuji Ohashi Chem. Lett., 2002, 1132-1133
(8) Photoexcited Crystallography of Diplatinum Complex by Multi-exposure IP Method Yoshiki Ozawa, Madoka Terashima, Minoru Mitsumi, Koshiro Toriumi, Nobuhiro Yasuda, Hidehiro Uekusa and Yuji Ohashi Chem. Lett., 2003, 62-63.
(9) Synchrotron Radiation Structure Analyses of the Light-induced Radical Pair of a Hexaarylbiimidazolyl Derivative. Origin of the Spin-Multiplicity Change Masaki Kawano, Yoshiki Ozawa, Koutatsu Matsubara, Hidekazu Imabayashi, Minoru Mitsumi, Kshiro Toriumi and Yuji Ohashi Chem. Lett., 2002, 1130-1131
(10) Structure Analysis of a Transient Triplet Carbene Trapped in a Crystal Masaki Kawano, Katsuyuki Hirai, Hideo Tomioka and Yuji Ohashi J. Am. Chem. Soc., 123, 6904-6908 (2001)
(11) Structure of the Photocolored 2-(2',4'-Dinitrobenzyl)pyridine Crystal: Two Photon Induced Solid-State Proton Transfer with Minor Structural perturbation Pance Naumov, Akiko Sekine, Hidehiro Uekusa, and Yuji Ohashi J. Am. Chem. Soc., 124, 8540-8541 (2002)
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、単一分子・原子レベルの反応制御/研究代表者 大橋 裕二(東京工業大学大学院理工学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 大橋 裕二. X線解析による分子の励起構造の解明. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第5回シンポジウム —1期チーム(平成7年度採択)研究成果報告— 講演要旨集,2001. p.25 - 36.

PAGE TOP