TOP > 研究報告検索 > 高次構造有機分子の立体選択的構築

高次構造有機分子の立体選択的構築

研究報告コード R013000212
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • 福山 透
研究者所属機関
  • 東京大学大学院薬学系研究科
研究機関
  • 東京大学大学院薬学系研究科
報告名称 高次構造有機分子の立体選択的構築
報告概要 本研究は,医薬的に重要な,不斉中心を含んだ高次構造分子を,立体化学を高度に制御しながら効率的に構築することを目的としている。具体的には,
1)異種金属含有不斉触媒を用いた炭素一炭素形成反応に関する基礎的な検討,
2)キラル塩基を用いる不斉触媒反応の開発に関する検討,および
3)基礎的検討によって
確立された不斉合成反応を基盤として高次構造分子を独自性の高い合成経路によって合成することである。主な成果は,
1)ルイス酸性とブレンステッド塩基性を併せ持つ複合金属錯体触媒の開発,およびパラジウム触媒を用いる反応における不斉スピロビスイソオキサゾリン配位子の特性の精査等,
2)アミド窒素に電子求引性基を持つ二座配位子型キラルアミンとアキラルな三座配位子型リチウムアミドを組み合わせることによって,この不斉脱プロトン化反応を不斉触媒反応とすることができることを発見等,
3)アルカロイドであるgelsemineの光学活性体の全合成(図1),ビンカアルカロイドである抗ガン剤vinblastineの全合成等
を達成。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R013000212_01SUM.gif
研究分野
  • 触媒反応一般
  • 触媒の調製
  • アルカロイド
関連発表論文 (1)H. Tokuyama, T. Yamashita, M.T. Reding, Y. Kaburagi, and T. Fukuyama Radical Cyclization of 2-Alkenylthioanilides: A Novel Synthesis of 2,3-Disubstituted Indoles J. Am. Chem. Soc., 121, 3791-3793 (1999)
(2)Y. Kobayashi, T. Fujimoto, and T. Fukuyama Stereocontrolled Total Synthesis of (+)-K252a J. Am. Chem. Soc., 121, 6501-6502 (1999)
(3)S. Kobayashi, G. Peng, and T. Fukuyama Efficient Total Synthesis of (±)-Vincadifformine and (-)-Tabersonine Tetrahedron Lett., 40, 1519-1522 (1999)
(4)A. Endo, T. Kan, and T. Fukuyama Synthetic Study on Ecteinascidin 743 Starting from D-Glucose Synlett, 1103-1105 (1999)
(5)T. Fukuyama, M. Cheung, and T. Kan. N-Carboalkoxy-2-nitrobenzenesulfonamides: A Practical Preparation of N-Boc-, N-Alloc-, and N-Cbz-Protected Primary Amines Synlett, 1301-1303 (1999)
(6)M.T. Reding and T. Fukuyama Stereocontrolled Total Synthesis of (±)-Catharanthine via Radical-Mediated Indole Formation Org. Lett., 1, 973-976 (1999)
(7)N. Waizumi, T. Itoh, and T. Fukuyama Total Synthesis of (-)-CP-263, 114 (Phomoidride B) J. Am. Chem. Soc., 122, 7825-7826 (2000)
(8)S. Yokoshima, H. Tokuyama, and T. Fukuyama Enantioselective Total Synthesis of (+)-Gelsemine: Determination of Its Absolute Configuration Angew. Chem. Int. Ed., 39, 4073-4075 (2000)
(9)S. Kobayashi and T. Fukuyama Enatioselective Total Synthesis of Vindoline Synlett, 883-886 (2000)
(10)A. Fujiwara, T. Kan, and T. Fukuyama Total Synthesis of Lipogrammistin-A Synlett, 1667-1669 (2000)
(11)Y. Hidai, T. Kan, and T. Fukuyama Total Synthesis of Polyamine Toxin HO-416b and Agel-489 Using a 2-Nitrobenzenesulfonamide Strategy Chem. Pharm. Bull., 48, 1570-1576 (2000)
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、単一分子・原子レベルの反応制御/研究代表者 福山 透(東京大学大学院薬学系研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 福山 透. 高次構造有機分子の立体選択的構築. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第5回シンポジウム —1期チーム(平成7年度採択)研究成果報告— 講演要旨集,2001. p.73 - 83.

PAGE TOP