TOP > 研究報告検索 > 内分泌かく乱物質の生殖機能への影響

内分泌かく乱物質の生殖機能への影響

研究報告コード R013000247
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • 堤 治
研究者所属機関
  • 東京大学大学院医学系研究科生殖発達医学専攻産科婦人科分子細胞生殖医学
研究機関
  • 東京大学大学院医学系研究科生殖発達医学専攻産科婦人科分子細胞生殖医学
報告名称 内分泌かく乱物質の生殖機能への影響
報告概要 内分泌かく乱物質の多くはエストロゲンレセプターに結合し,エストロゲン作用ないし抗エストロゲン作用を有する。ダイオキシンは細胞内のレセプターに結合して応答遺伝子の転写を促進する。ダイオキシンを初めとした内分泌撹乱物質のほとんどは胎盤通過性を有する。ヒト臍帯のみならず,羊水中からも検出されており,流早産,死産や催奇形性が問題となる。妊娠動物におけるダイオキシン投与実験では,致死量よりはるかに低い量でも生殖異常は惹起される。母体投与されたダイオキシンの影響は胎盤および母乳を介して胎児,新生児に作用し出生後の性機能にも現れる。昨今の人類の精子減少傾向にダイオキシン暴露が関係している可能性を示唆する。また環境中に増加したダイオキシンが,現代人に増加して問題になっている子宮内膜症の病因である可能性が指摘されている。ヒトや動物実験,関連遺伝子発現実験からは,肯定否定両方の結果が報告されており,まだ因果関係を結論づけはできていない。
研究分野
  • 内分泌系の生理と解剖学
  • 生殖生理一般
  • 婦人科学・産科学一般
  • 汚染原因物質
関連発表論文 (1)Tsutsumi O, Momoeda M, Taketani Y; Breast fed infants, possibly exposed to dioxins, unexpectedly have decreased incidence of endometriosis in the later life. International Journal of Gynecology and Obstetrics. 2000 Feb; 68(2):151-153
(2)Takai Y, Tsutsumi O, Ikezuki Y, Hiroi H, Osuga Y, Momoeda M, Yano T, Taketani Y. Estrogen receptor-mediated effects of a xenoestrogen, bisphenol A, on preimplantation mouse embryos. Biochem Biophys Res Commun. 2000 Apr 21; 270(3):918-921
(3)堤 治:内分泌撹乱物質 内分泌撹乱物質とその問題点 Bio Clinica 15,2: 16-17, 2000
(4)堤 治:環境ホルモンによる生殖障害 内科診療におけるpros.&cons. 内科85(3):569-572, 2000
(5)堤 治、生月弓子:内分泌撹乱物質に対する治療学的アプローチ-ダイオキシンの体外排出除去の可能性 治療学 ライフサイエンス出版 34(5): 542-543, 2000
(6)堤 治、森田昌敏、紫芝良昌:座談会 内分泌撹乱物質の状況とヒトへの影響 治療学 ライフサイエンス出版 34(5): 545-555, 2000
(7)堤 治:特集内分泌撹乱化学物質「内分泌撹乱化学物質の着床前初期胚への直接作用」 日本臨床 58: 2464-2468, 2000
(8)Tsuchiya F, Ikeda K, Tsutsumi O, Hiroi H, Momoeda M, Taketani Y, Muramatsu M, Inoue S.Molecular cloning and characterization of mouse ebag9, homolog of a human cancer associated surface antigen: expression and regulation by estrogen. Biochem Biophys Res Commun. 2001 Jun 1;284(1):2-10
(9)Koga K, Osuga Y,Tsutsumi O,Yano T, Yoshino O, Takai Y,Matsumi H, Hiroi H, Kugu K, Momoeda M, Fujiwara T, Taketani Y. Demonstration of angiogenin in human endometrium and its enhanced expression in endometrial tissues in the secretory phase and the decidya. The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism 86(11):5609-5614.2001.
(10)堤 治:生殖と環境ホルモン Hormone Frontier in Gynecology Vol8(1):55-60, 2001
(11)堤 治:内分泌撹乱物質と人類の未来 産婦人科の世界 増刊号生殖医療の基礎と臨床 Vol 53:270-276, 2001
(12)堤 治:内分泌撹乱物質と生殖機能 Annual Review 内分泌, 代謝 2001, 47-53, 2001
(13)堤 治:内分泌攪乱化学物質 ホルモンと臨床 特別増刊号「臨床に役立つ内分泌疾患診療マニュアル2001」 Vol 49:31-34, 2001
(14)堤 治:内分泌撹乱物質の生殖細胞・胚への影響 妊娠の生物学 131-137, 2001 永井書店
(15)堤 治:Assisted Reproductive Technology 生殖補助医療技術 Journal of Clinical Rehabilitation vol.10(9): 805, 2001
(16)Tsutsumi O: Endocrine disrupters and human reproduction. Clin Pediatr Endocrinol.11(suppl 18),67-76,2002
(17)Tsutsumi O:Endocrine Disruptors and Reproductive Medicine. Environmental Sciences,9,1 001-011,2002,MYU
(18)Takeuchi T, Tsutsumi O: Serum bisphenol A concentrations showed gender differences, possibly linked to androgen levels. Biochemical Biophysical Research Communications.291,76-78,2002
(19) Xu J, Osuga Y, Yano T, Morita Y, Tan X, Fujiwara T, Takai Y, Matsumi H, Koga K, Taketani Y, Tsutsumi O: Bisphenol A induces apoptosisi and G2-to-Marrest of ovarian granulosa cells. Biochemical Biophysical ResearchCommunications. 292,456-462,2002
(20) Kurosawa T, Hiroi H, Tsutsumi O, Ishikawa T, Osuga Y, Fujiwara T, Inoue S, Muramatsu M, Momoeda M, Tatekatani Y. The activity of bisphenol a depends on both the estrogen receptor subtype and the cell type. Endocrine Journal.49(4),465-471,2002
(21)堤 治:内分泌撹乱物質と女性生殖機能 最新医学 57: 2002
(22)堤 治:内分泌攪乱物質の女性生殖機能への影響 特集:内分泌攪乱物質の基礎と臨床 最新医学 243-249,2002.2
(23)堤 治:環境ホルモンと生殖医療 図説ARTマニュアル 永井書店 405-411,2002
(24)堤 治:子宮内膜症と内分泌攪乱物質 特集:子宮内膜症をどう扱うか 
産婦人科の世界 vol.54(7)743-751,2002
(25)堤 治:環境ホルモンと人類の未来 日本不妊学会雑vol.47(2.3),2002.6
(26)堤 治:新版・生殖医療のすべて 丸善ライブラリー 2002
(27) 堤 治:特集 生殖医学の新展開 環境ホルモンと人類の未来 産婦人科
の世界 vol.54(11)2002,11
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 CRESTタイプ、内分泌かく乱物質/研究代表者 堤 治(東京大学大学院医学系研究科生殖発達医学専攻産科婦人科分子細胞生殖医学)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 堤 治. 内分泌かく乱物質と生殖機能 環境ホルモンと人類の未来. 戦略的基礎研究推進事業 内分泌かく乱物質 第1回領域シンポジウム 講演要旨集 ,2001. p.1 - 12.

PAGE TOP