TOP > 研究報告検索 > 光子および電子の波束の相互作用制御-プロジェクトの概観-

光子および電子の波束の相互作用制御-プロジェクトの概観-

研究報告コード R013000325
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • 覧具 博義
研究者所属機関
  • 東京農工大学
研究機関
  • 東京農工大学
報告名称 光子および電子の波束の相互作用制御-プロジェクトの概観-
報告概要 このプロジェクトの狙いは,フェムト秒領域の光パルスの位相を,それと相互作用する物質によって超高速に制御し検出する技術を確立することにある。現在の研究活動は以下のトピックスに焦点を当てている。
(1)位相制御フェムト秒光源 位相情報の任意の組み合わせが平面波成分に展開できるレーザーパルス光源の開発
(2)フェムト秒位相分光 複素誘電率の時間変化を検出できる,パルスSagnac干渉計を基にした分光技術の開発
(3)量子波束のコヒーレント制御 量子波束の操作と読み出しの研究
(4)核波束の発生と位相制御,Hg-Ar分子にフェムト秒光パルスを用いて量子位相を書き込み,制御の研究
(5)半導体ナノ構造の解析,設計,製作 量子ドットや量子井戸のような半導体ナノ構造は,エネルギーレベルと波動関数を設計できることから,量子波束の生成に適していると期待される。 
それぞれの成果は後出の報告に詳しく述べられている。
研究分野
  • 光デバイス一般
  • 光変調器
  • 光電デバイス一般
関連発表論文 (1) Kazuhiko Misawa, Isao Matsuda, and Roy Lang, "Femtosecond Wave Packet Engineering in a cyanine dye molecule", SPIE Proceedings 2002, (2002).
(2) Isao Matsuda, Kazuhiko Misawa, and Roy Lang, "Wave Packet Engineering Using a Phase-Programmable Femtosecond Optical Source", Thechnical digest of Conference on Lasers and Electro-Optics 2002, p.113 (2002).
(3) Roy Lang, “Reply to 'Comment on Problemsin Recent Analysis of Injected Carrier Dynamics in Semiconductor Quantum Dots'”[APL.79,3912(2001)], Appl. Phys. Lett.,to be published.
(4) Roy Lang, "Problems in recent analysis of injected carrier dynamics in semiconductor quantum dots", Appl. Phys. Lett., 79, pp.3912-3913 (2001)
(5) Y. Sato, H. Chiba, M. Nakamura and K. Ohmori, “Double-Pulse Manipulation of Vibrational Wavepackets in HgAr van der Waals Complex”, in Laser Control and Manipulation of Molecules, eds. A. Bandrauk, R. Gordon, and Y. Fujimura, (ACS Books, 2002)pp. 155.
(6) K.Ohmori, M.Nakamura, H.Chiba, K.Amano, M.Okunishi, and Y.Sato, “Development of attosecond optical-phase manipulation for the wave-packet engineerin”, J. Photochemistry & Photobiology A: Chemistry, 145, 17-21 (2001).
(7) A. V. Uskov, I. Magnusdottir, B. Tromborg, and J. Mork, and R. Lang, “Line broadening caused by Coulomb carrier-carrier correlations and dynamics of carrier capture and emission in quantum dots”, Applied Physics Letters, 79(11) 1679-1681 (2001)
(8) Y. Sato, K. Ohmori, K. Amano, H. Chiba, and M. Nakamura, “Sub-femtosecond Coherent Control of Vibrational Wavepacket in the van der Waals Interactions”, Proceedings of the 21st International Conference on Photonic, Electronic, and Atomic Collisions, (Rinton Press, 2001).
(9) Y. Sato, H. Chiba, M. Nakamura and K. Ohmori, “Double-Pulse Manipulation of Vibrational Wavepackets in HgAr van der Waals Complex”, in Laser Control and Manipulation of Molecules, ed. A. Bandrauk, R. Gordon, and Y. Fujimura, American Chemical Society Book, Chapter 11, 2001.)
(10) 伊藤明子、三沢和彦、覧具博義「相互相関周波数分解光ゲート法を用いた物質分散の超広帯域同時測定」信学技報LQE2001-82, vol.101 No.448 (2001)
(11) 大森賢治、「アト秒精度の量子波束エンジニアリング」、「応用物理」第71巻2号(2002年2月号)、pp.195-199
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 CRESTタイプ、電子・光子等の機能制御/研究代表者 覧具 博義(東京農工大学工学部)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 覧具 博義. Interactive Control of Photonic and Electronic Wave Packets—Project Overview—. The Second CREST Symposium on ''Function Evolution of Materials and Devices based on Electron/Photon Related Phenomena'',2001. p.150 - 153.

PAGE TOP