TOP > 研究報告検索 > 交尾における生殖器の連結および解除に異常を示すキイロショウジョウバエの変異体、lingererの解析

交尾における生殖器の連結および解除に異常を示すキイロショウジョウバエの変異体、lingererの解析

研究報告コード R990003968
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 国吉 久人
研究者所属機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
研究機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
報告名称 交尾における生殖器の連結および解除に異常を示すキイロショウジョウバエの変異体、lingererの解析
報告概要 生殖行為の交尾後に接合解除ができない(図1,2)キイロショウジョウバエ変異体のlingerer遺伝子について調べた。lingerer遺伝子は150kDの新規蛋白質をコードし,ヒトおよびマウスの機能不明の蛋白質と部分的に相同性を示した(図3)。lingerer遺伝子の発現は一部のニューロン,グリア細胞で認められ,Lingerer蛋白質は細胞質に局在していた。lingerer遺伝子の変態初期の発現が減少すると成虫の交尾器の運動障害が起こった。交尾器運動の神経回路網の構築に重要な役割をになっていることが示唆された。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R990003968_01SUM.gif R990003968_02SUM.gif R990003968_03SUM.gif
研究分野
  • 遺伝子の構造と化学
  • 細胞生理一般
  • 生殖生理一般
関連発表論文 (1)Yamamoto, D., Jallon, J.-M., and Komatsu, A. (1997)
Genetic dissection of sexual behavior in Drosophila melanogaster. Annu. Rev. Entomol. 42, 551-585
(2)Yamamoto, D. and Nakano, Y. (1998) Genes for sexual behavior. Biochem.. Biophys. Res. Commun. 246, 1-6.
研究制度
  • 創造科学技術推進事業、山元行動進化プロジェクト/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 国吉 久人. 交尾における生殖器の連結および解除に異常を示すキイロショウジョウバエの変異体、lingererの解析. 創造科学技術推進事業 山元行動進化プロジェクトシンポジウム—性行動の遺伝子解析と進化—講演要旨集(研究期間:1994-1999),1999. p.29 - 36.

PAGE TOP