TOP > 研究報告検索 > 基質により誘起されたポリアミノ酸集合体を介するイオン透過性の制御

基質により誘起されたポリアミノ酸集合体を介するイオン透過性の制御

研究報告コード R013000357
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • 樋口 真弘
  • 古賀 智之
  • 田口 和宏
  • 木下 隆利
研究者所属機関
  • 独立行政法人 産業技術総合研究所
  • 独立行政法人 産業技術総合研究所
  • 独立行政法人 産業技術総合研究所
  • 名古屋工業大学
研究機関
  • 独立行政法人 産業技術総合研究所
  • 名古屋工業大学
報告名称 基質により誘起されたポリアミノ酸集合体を介するイオン透過性の制御
報告概要 生体の高度な情報の受容・変換・伝達機能は,生体膜中に存在する膜タンパク質により担われており,膜中における同タンパク質の高次構造変化が,これら機能の発現及びその制御に密接に関与している。認識対象分子により誘起される特異なポリアミノ酸集合体構造を利用し,対応する受容体の構築を試みた。具体的には,アセチルコリンレセプター (nAChR) 及び GABA レセプター (GABAR) を対象とし,各々の基質結合部位に存在するアミノ酸 Asp, Tyr, Trp 及び Ser を末端に導入したポリメチルグルタメートをそれぞれ合成し,脂質膜中で基質により誘起されるポリペプチド分子集合体の基質認識能について検討した(図1)。さらに,同ポリペプチド側鎖を部分的に親水化し,基質により誘起されたペプチド集合体を介するイオン透過性に関し検討した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R013000357_01SUM.gif
研究分野
  • 分子構造
  • 生物学的機能
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 CRESTタイプ、分子複合系の構築と機能/研究代表者 小夫家 芳明(奈良先端科学技術大学院大学)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 樋口 真弘,古賀 智之,田口 和宏,木下 隆利. 基質により誘起されたポリアミノ酸集合体を介するイオン透過性の制御. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成13年度シンポジウム,2001. p.35 - 35.

PAGE TOP