TOP > 研究報告検索 > 単一微結晶の分光測定

単一微結晶の分光測定

研究報告コード R013000378
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • 朝日 剛
  • 伊藤 民武
研究者所属機関
  • 大阪大学大学院工学部
  • 大阪大学大学院工学部
研究機関
  • 大阪大学大学院工学部
報告名称 単一微結晶の分光測定
報告概要 新しい単一結晶分光手法として開発した顕微光散乱分光システムとそれを金およびポリジアセチレンのナノ結晶に応用した結果について報告する。高分子フィルム中に分散させた平均粒子径 80nm の金ナノ粒子一粒毎の散乱スペクトルを測定した結果,粒毎に表面プラズモン共鳴による散乱スペクトルが異なり,長波長にピークがあるほどその強度が増加することがわかった。ピーク波長と強度の関係が,光の干渉効果を考慮した詳細な解析から,粒径の違いによるものであることを明らかにした。また,大きさ約 150nm のポリジアセチレン結晶一粒の偏光散乱スペクトルを2つの直交した偏光条件で測定した結果,散乱スペクトルに著しい偏光異方性があることがわかった。高分子主鎖に沿った非局在化した共役π電子による共鳴スペクトルの偏光異方性の結果は,ナノ結晶中においても高分子鎖が規則正しく配列していることが明らかになった。
研究分野
  • 分光法と分光計一般
  • 電子物性一般
  • 光物性一般
  • 高分子化学一般
  • 高分子の物性一般
  • 光学顕微鏡,望遠鏡
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 CRESTタイプ、分子複合系の構築と機能/研究代表者 中西 八郎(東北大学多元物質科学研究所)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 朝日 剛,伊藤 民武. 単一微結晶の分光測定. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成13年度シンポジウム,2001. p.47 - 47.

PAGE TOP