TOP > 研究報告検索 > ピコナール型 1,2 転位反応を用いたヘテロ環隣接不斉中心の制御

ピコナール型 1,2 転位反応を用いたヘテロ環隣接不斉中心の制御

研究報告コード R013000400
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • 篠原 友一
  • 鈴木 啓介
研究者所属機関
  • 東京工業大学
  • 東京工業大学
研究機関
  • 東京工業大学
報告名称 ピコナール型 1,2 転位反応を用いたヘテロ環隣接不斉中心の制御
報告概要 ヘテロ環に隣接した不斉中心の構築は,医薬,天然物合成の見地から重要である。当研究室では以前よりルイス酸条件での立体特異的1,2転位反応に基づく合成手法を開発してきたが,ヘテロ環を転位基として用い,立体特異性が確保できれば,上述の問題に対する有用な解決法になるものと考えた。すなわち,ヘテロ環を1,2転位に組み込むことができれば,そのヘテロ環の隣接位に第3級および第4級炭素を立体選択的に導入できると期待した。検討の結果,いくつかのヘテロ環についてエポキシアルコールの1,2転位反応が立体特異的に進行し,ヘテロ環置換基を含む連続不斉構造を構築できることがわかった(図1)。同様に,光学活性な乳酸エステルより得られるメシラートを用いた転位反応も立体特異的に進行することが判明した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R013000400_01SUM.gif
研究分野
  • 反応の立体化学
  • 反応の位置化学
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 CRESTタイプ、分子複合系の構築と機能/研究代表者 鈴木 啓介(東京工業大学大学院理工学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 篠原 友一,鈴木 啓介. ピナコール型1,2転位反応を用いたヘテロ環隣接不斉中心の制御. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成13年度シンポジウム,2001. p.64 - 64.

PAGE TOP