TOP > 研究報告検索 > 固定化金属触媒による酸化反応の開発

固定化金属触媒による酸化反応の開発

研究報告コード R013000453
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • 金田 清臣
研究者所属機関
  • 大阪大学大学院基礎工学研究科化学系専攻
研究機関
  • 大阪大学大学院基礎工学研究科化学系専攻
報告名称 固定化金属触媒による酸化反応の開発
報告概要 環境調和を目指したグリーンケミストリーでは,新規な高機能触媒が必要不可欠な技術要素となる。金属錯体を用いる均一系触媒においては,配位子の選択によって中心金属活性種の電子状態や反応場を高度に制御でき,かつ活性種の高い均質性(homogeneity)のため反応が高選択的に進行する。一方,不均一系触媒は,熱的に安定であり,分離・再使用が容易である。これら両者の特徴を融合した高機能触媒の設計として,錯体触媒を固体表面に固定化する方法がある。固体として金属酸化物や金属水酸化物を用いる場合には,構成金属の組成とイオン半径に応じて,独特の結晶構造を形成する。反応に関与する表面は,水酸基等の複数のサイトが規則正しく配列しているため,atom architectureに基づき新規な不均一系触媒を調製できる。ヒドロキシアパタイト,ゼオライト,ハイドロタルサイトおよびモンモリロナイト等の特性を利用した固定化触媒(図1,2)について,酸素分子や過酸化水素を酸化剤とする炭化水素類の酸化反応を対象として述べる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R013000453_01SUM.gif R013000453_02SUM.gif
研究分野
  • 研究開発
  • 触媒の調製
  • 触媒
  • 触媒反応一般
  • 酸化,還元
関連発表論文 (1)Kaneda, K. Kagaku 1999, 54, 20; Petrotech 2001, 24, 16; Chemical engineering, 2002, 47, 676; Genzai Kagaku 2002, 379, 14; Fine Chemical, 2002, 31, 13; Kagaku to kogyo 2002, 55, 1233.
(2)Kaneda, K. The Polymeric Materials Encyclopedia: Synthesis, Properties, and Applications, 1996, 7, 5067; Kaneda, K. et al. Trends in Organomet. Chem. 2000, 3, 179.
(3)Kaneda, K. et al. Tetrahedron Lett. 1997, 38, 3005; J. Org. Chem. 1998, 63, 2378; J. Mol. Catal. A. 1999, 145, 329; Chem. Commun.2002, 52; Nano Lett. 2002, 2, 999
(4)Kaneda, K. et al. J. Am. Chem. Soc. 1999, 121, 4526; Langmuir 1999, 15, 3557; Lamgmuir 2002, 18, 1849; new J.Chem. 2003, 27, 324; Encyclopedia of Nanoscience and Nanotechnology, in press.
(5)Kaneda, K. et al. J. Am. Chem. Soc. 2000, 122, 7144; Chem. Commun. 2001, 461; J. Am. Chem. Soc. 2002, 124, 11572; New j. Chem.2002, 26, 1536
(6)Kaneda, K. et al. Chem. Commun. 2001, 461.
(7)Kaneda, K. et al. to be submitted.
(8)Kaneda, K. et al. Chem. Commun. 2000, 869.
(9)Kaneda, K. et al. J. Org. Chem. 1998, 63, 1750; Chem. Commun. 1999, 256; Catal. Surv. Jpn. 2000, 4, 31; Tetrahedron Lett. 2002, 43, 7179; Catal. Commun. 2002, 3, 511.
(10)Kaneda, K. et al. Chem. Commun. 1998, 295; New J. Chem. 1999, 23, 799; J. Org. Chem. 1999, 64, 2966; J. Org. Chem. 2000, 65, 6897; Tetrahedron Lett. 2002, 43, 6229.
(11)Kaneda, K. et al. Green Chem. 2000, 2, 157; Tetrahedron Lett. 2001, 42, 8329.
(12)Kaneda, K. et al. Chem. Commun. 2002, 690.
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 CRESTタイプ(旧戦略的基礎研究推進事業を含む) 、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」
研究報告資料
  • 金田 清臣. 固定化金属触媒による酸化反応の開発. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 テーマ別シンポジウム(I)—錯体から『触媒』へ—講演要旨集,2001. p.20 - 22.

PAGE TOP