TOP > 研究報告検索 > ヒトー次運動野における血流信号応答とBOLD信号応答との関係

ヒトー次運動野における血流信号応答とBOLD信号応答との関係

研究報告コード R013000480
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • 柏倉 健一
  • 柏倉 明美
  • BA Ardekani
  • J Kershaw
  • 菅野 巌
研究者所属機関
  • 科学技術振興事業団 秋田研究室
  • 科学技術振興事業団 秋田研究室
  • 科学技術振興事業団 秋田研究室
  • 科学技術振興事業団 秋田研究室
  • 秋田県立脳血管研究センター
研究機関
  • 科学技術振興事業団 秋田研究室
  • 秋田県立脳血管研究センター
報告名称 ヒトー次運動野における血流信号応答とBOLD信号応答との関係
報告概要 ヒトー次運動野における血流信号応答とBOLD信号応答とを比較した。BOLD信号応答は脳血流量,脳血液量,脳酸素代謝量の影響を受けており,血流信号応答とBOLD信号応答との関係を検討することはきわめて重要である。本研究では,手指運動刺激を用いて両信号を連続的に収集し,同一解析手法を用いることにより賦活領域,タイムコース,平均信号変化率の比較を行った。この結果,両者のタイムコースに違いは見られなかったが,賦活面積については血流信号の方が小さかった。ただし,両画像の信号雑音比を考えると面積に関してもほぼ同等と考えられた。従って,BOLD信号応答は脳血流信号応答とよく相関していたと考える。(図1)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R013000480_01SUM.gif
研究分野
  • 計測学一般
  • 生物科学研究法一般
  • 中枢神経系
  • 視覚
  • 生体計測
関連発表論文 (1)柏倉健一,柏倉明美,田村元,藤田英明,B.A.Ardekani,松浦哲也,関千江,豊嶋英仁,菅野巖,S-G.Kim,岡本淳:「FAIR及びBOLD法による賦活領域の比較」,日本磁気共鳴医学会第26回大会 98年9月24-26日,京都
(2)柏倉健一,柏倉明美,豊嶋英仁:「連続した視覚刺激下でのBOLD信号の変化」,日本放射線技術学会総会,1998年4月8-11日,神戸
(3)柏倉健一,柏倉明美,豊嶋英仁:「FAIR法を用いたactivation study」,日本放射線技術学会総会,1998年4月8-11日,神戸
(4)柏倉明美,柏倉健一,豊嶋英仁,藤田英明,B.A.Ardekani,J.Kershaw,松浦哲也,関千江,菅野巖,岡本淳,滝沢修:「FAIR法を用いた脳血流測定」,第25回磁気共鳴医学会大会,1997年9月3-5日,大宮
研究制度
  • 共同研究等促進事業、秋田県「脳活動に伴う二次信号の計測とその発生機序に関する研究」/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 柏倉 健一,柏倉 明美,BA Ardekani,J Kershaw,菅野 巌. ヒト一次運動野における血流信号応答とBOLD信号応答との関係. 共同研究等促進事業 秋田地区「脳活動に伴う二次信号の計測とその発生機序に関する研究」共同研究終了報告書,2000. p.156 - 165.

PAGE TOP