TOP > 研究報告検索 > 機能的磁気共鳴画像法における賦活領域特定に関する統計解析モデル

機能的磁気共鳴画像法における賦活領域特定に関する統計解析モデル

研究報告コード R013000485
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • Babak A. Ardekani
  • Jeff Kershaw
  • 柏倉 健一
  • 菅野 巌
研究者所属機関
  • 秋田県立脳血管研究センター
  • 科学技術振興事業団 秋田研究室
  • 科学技術振興事業団 秋田研究室
  • 秋田県立脳血管研究センター
研究機関
  • 科学技術振興事業団 秋田研究室
  • 秋田県立脳血管研究センター
報告名称 機能的磁気共鳴画像法における賦活領域特定に関する統計解析モデル
報告概要 機能的磁気共鳴画像法(fMRI)における賦活領域特定に関する統計解析モデルを提示する。この方法は,ピクセルごとのfMIRIタイムコース画像を,実験系の効果としての賦活・コントロール応答,これ以外の効果(nuisance component)による信号変化,さらにGaussianノイズの総和としてモデル化した。周期的な賦活・ベースラインパターンに関して,応答信号は既知の基本周波数を持ち,計数が未知であるフーリエ級数として近似した。nuisance部分空間は未知と仮定した。Maximum likelihood法を用いて,応答信号部分空間と直行するnuisance部分空間を推定した。推定に当たりF分布が最も良好な統計解析法と考えられた。安静状態で撮影されたデータ,運動及び視覚刺激データの解析に応用した。
研究分野
  • 数値解析,近似法
  • 計測学一般
  • 生物科学研究法一般
  • 中枢神経系
  • 生体計測
関連発表論文 (1)BA Ardekani, J Kershaw, K Kashikura, I Kanno, Activation detection in functional MRI using subspace modeling and maximum likelihood estimation, IEEE Trans Med Imag: vol. 18 (2), pp. 101-114, 1999.
研究制度
  • 共同研究等促進事業、秋田県「脳活動に伴う二次信号の計測とその発生機序に関する研究」/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • Babak A. Ardekani,Jeff Kershaw,柏倉 健一,菅野 巌. Activation Detection in Functional MRI Using Subspace Modeling and Maximum Likelihood Estimation. 共同研究等促進事業 秋田地区「脳活動に伴う二次信号の計測とその発生機序に関する研究」共同研究終了報告書,2000. p.220 - 228.

PAGE TOP