TOP > 研究報告検索 > 非天然アミノ酸を受容するタンパク質の創製

非天然アミノ酸を受容するタンパク質の創製

研究報告コード R013000513
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • 齋藤 一樹
  • 金 載勲
研究者所属機関
  • 理化学研究所・ゲノム科学総合研究センター、タンパク質構造・機能研究グループ
  • Center for Cellular Switch Protein Structure, Korea Research Institute of Bioscience and Biotechnology
研究機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
  • 理化学研究所 ゲノム科学総合研究センター
報告名称 非天然アミノ酸を受容するタンパク質の創製
報告概要 非天然アミノ酸の1つである3-ヨードチロシンがリン酸化を受けた際に,そのリン酸化部位に特異的に結合するアダプタータンパク質の作製を検討した。すでに構造の解かれているGrb2のSH2ドメインとリン酸化チロシンを含むペプチドとの複合体の構造をもとに,リン酸化3-ヨードチロシンを結合するGrb2 SH2ドメインの変異体を設計した。チロシンの水酸基の隣に導入されたヨウ素原子を効率よく受容するためには,SH2ドメインの96位のセリン残基の側鎖を短くすることが必須と思われた。実際,セリン残基の側鎖(-CH2OH)をアラニン(-CH3),グリシン(-H)と小さくして行くと,グリシンまで小さくなったところで,リン酸化3-ヨードチロシンを含むペプチドの方をよく結合するようになった。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R013000513_01SUM.gif
研究分野
  • 生化学的分析法
  • 分子構造
  • 蛋白質・ペプチド一般
研究制度
  • 創造科学技術推進事業、横山情報分子プロジェクト/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 齋藤 一樹. 非天然アミノ酸導入を利用した新たな細胞内情報伝達経路創製への挑戦 EGFレセプターの構造解析から改変まで. 創造科学技術推進事業 横山情報分子プロジェクトシンポジウム 「人工的な遺伝・細胞情報処理システムをめざして」 講演要旨集(研究期間:1996-2001),2001. p.31 - 42.

PAGE TOP