TOP > 研究報告検索 > 線虫全発生過程の遺伝子発現プログラム

線虫全発生過程の遺伝子発現プログラム

研究報告コード R030000003
掲載日 2005年3月18日
研究者
  • 小原 雄治
研究者所属機関
  • 国立遺伝学研究所
研究機関
  • 国立遺伝学研究所
報告名称 線虫全発生過程の遺伝子発現プログラム
報告概要 生物発生は遺伝子の絶妙な働きによって進行する。この発生プログラムの解読をめざして、線虫全遺伝子の半分弱7,000遺伝子について発現の時期、細胞/組織を決定した。発現パターンの分類解析から各細胞系譜での発現順を決定し、発現制御シグナルの推定をおこなった。線虫では受精後の極初期に細胞運命決定が起こるが、この過程に重要な働きをする様々なクラスの母性発現遺伝子群を同定した。さらに極初期過程の細胞分裂・配置の動力学シミュレーションをおこなうコンピュータモデルを構築した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000003_01SUM.gif
研究分野
  • 遺伝子発現
  • 発生と分化
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業 研究領域「生命活動のプログラム」 研究代表者 小原 雄治
研究報告資料
  • 小原 雄治. 生命活動のプログラム 線虫全発生過程の遺伝子発現プログラム. 戦略的基礎研究推進事業 平成7年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.31 - 38.

PAGE TOP