TOP > 研究報告検索 > オルガネラ構築と細胞機能発現制御の分子機構

オルガネラ構築と細胞機能発現制御の分子機構

研究報告コード R030000007
掲載日 2005年3月18日
研究者
  • 藤木 幸夫
研究者所属機関
  • 九州大学大学院理学研究院
研究機関
  • 九州大学
報告名称 オルガネラ構築と細胞機能発現制御の分子機構
報告概要 上記課題解明を目指して、ペルオキシソーム、ミトコンドリア、小胞体、ゴルジ体、リソソームなど細胞内オルガネラの動的存在状態と障害の分子機構を明らかにすべく、ペルオキシソーム系を主体とした取り組みを展開した。ペルオキシソームの形成に必須な数多くの遺伝子(病因遺伝子)の単離をはじめ、各小器官の構成タンパク質輸送や膜融合など生合成過程に関わる基本素子とその機能に関し重要な多くの成果が得られた。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000007_01SUM.gif
研究分野
  • 遺伝子発現
  • 細胞構成体の機能
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業 研究領域「生命活動のプログラム」 研究代表者 藤木 幸夫
研究報告資料
  • 藤木 幸夫. 生命活動のプログラム オルガネラ構築と細胞機能発現制御の分子機構. 戦略的基礎研究推進事業 平成7年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.85 - 112.

PAGE TOP