TOP > 研究報告検索 > 植物の感染防御機構の生物有機化学的解明

植物の感染防御機構の生物有機化学的解明

研究報告コード R030000011
掲載日 2005年3月18日
研究者
  • 岩村 俶
研究者所属機関
  • 京都大学大学院農学研究科
研究機関
  • 京都大学
報告名称 植物の感染防御機構の生物有機化学的解明
報告概要 植物は、進化の過程で二次代謝物質を利用した感染防御機構を発達させてきた。本研究では、植物の感染防御に重要な役割をもっているファイトアレキシンをはじめとする種々の二次代謝物質の構造ならびに機能、生合成を明らかにした。さらに、植物の感染防御機構にとって重要な微生物や昆虫との相互作用についても解析した。
研究分野
  • 植物生態学
  • 植物の生化学
  • 植物の栽培一般
  • 微生物による植物病害一般
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業 研究領域「生体防御のメカニズム」 研究代表者 岩村 俶
研究報告資料
  • 岩村 俶. 生体防御のメカニズム 植物の感染防御機構の生物有機化学的解明. 戦略的基礎研究推進事業 平成7年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.151 - 166.

PAGE TOP