TOP > 研究報告検索 > 配列したミクロ空間での新物質系の創製と物性

配列したミクロ空間での新物質系の創製と物性

研究報告コード R030000022
掲載日 2005年3月18日
研究者
  • 寺崎 治
研究者所属機関
  • 東北大学大学院理学研究科
研究機関
  • 東北大学
報告名称 配列したミクロ空間での新物質系の創製と物性
報告概要 配列ミクロ空間を与える良質な単結晶や多数の新型ゼオライトを合成し、構造解析して利用に供した。極微少ゼオライト結晶やメソ多孔体の電子顕微鏡による新しい構造解析手法を確立し、初めて3次元構造を解いた。これら多孔体の空隙に種々のクラスターを作り、その構造と機能を解明した。ゼオライトの配列したナノ空間にアルカリ金属クラスターを配列させて相関s電子系を作成し、種々の物性測定を行った結果、クラスターの軌道縮退による強磁性と巨大なスピン軌道相互作用の発現を見いだした。また、絶縁体金属転移による特異な現象を観測した。
研究分野
  • 原子・分子のクラスタ
  • 電子回折法
  • 電子分光スペクトル
  • 触媒の調製
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業 研究領域「量子効果等の物理現象」 研究代表者 寺崎 治
研究報告資料
  • 寺崎 治. 量子効果等の物理現象 配列したミクロ空間での新物質系の創製と物性. 戦略的基礎研究推進事業 平成7年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.345 - 364.

PAGE TOP