TOP > 研究報告検索 > 視覚認識の脳内過程

視覚認識の脳内過程

研究報告コード R030000045
掲載日 2005年3月18日
研究者
  • 藤田 一郎
研究者所属機関
  • 大阪大学大学院基礎工学研究科
研究機関
  • 大阪大学
報告名称 視覚認識の脳内過程
報告概要 霊長類の側頭葉視覚連合野(IT野)における視覚情報処理の新たな側面を明らかにした。IT野とその前段V4野で両眼視差が処理されていること、物体面構造の脳内復元がIT野にいたる経路でなされていること、IT野細胞の2次元特徴刺激選択性の形成にGABAを介する抑制機構が関与すること、IT野とV1野がそれぞれ特徴的な解剖学的構造とシナプス可塑性を有すること、IT野の前半部と後半部のそれぞれが、図形の部分と全体の知覚に強く関わっていることなどを示し、視覚認識の脳内過程に関する理解を進めた。
研究分野
  • 中枢神経系
  • 視覚
  • 神経の基礎医学
  • 眼の基礎医学
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業 研究領域「脳を知る」 研究代表者 藤田 一郎
研究報告資料
  • 藤田 一郎. 脳を知る 視覚認識の脳内過程. 戦略的基礎研究推進事業 平成7年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.771 - 778.

PAGE TOP