TOP > 研究報告検索 > 神経系形成におけるGlial cells missing遺伝子の機能

神経系形成におけるGlial cells missing遺伝子の機能

研究報告コード R030000046
掲載日 2005年3月18日
研究者
  • 堀田 凱樹
研究者所属機関
  • 国立遺伝学研究所
研究機関
  • 国立遺伝学研究所
報告名称 神経系形成におけるGlial cells missing遺伝子の機能
報告概要 ショウジョウバエの神経幹細胞からグリアと神経細胞を分化させるスイッチ遺伝子(gcm)を発見し、それが8塩基を標的とする転写因子であることを発見した。また神経幹細胞におけるgcm発現パターンを詳細に解析して細胞運命決定の機構を明らかにした。グリアが存在しない gcm 突然変異における神経回路異常を解析し、netrin などの新規機能を見いだした。さらにgcm は血球産生系でも分化因子となっていることを発見した。gcm ホモログがマウス・ヒトなど広くファミリーとして存在することを発見し、哺乳類神経系および血球産生系でもgcm が働いている可能性があることを見いだした。
研究分野
  • 分子遺伝学一般
  • 細胞生理一般
  • 神経系一般
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業 研究領域「脳を知る」 研究代表者 堀田 凱樹
研究報告資料
  • 堀田 凱樹. 脳を知る 神経系形成におけるGlial cells missing遺伝子の機能. 戦略的基礎研究推進事業 平成7年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.779 - 794.

PAGE TOP