TOP > 研究報告検索 > 自立都市をめざした都市代謝システムの開発

自立都市をめざした都市代謝システムの開発

研究報告コード R030000048
掲載日 2005年3月18日
研究者
  • 柏木 孝夫
研究者所属機関
  • 東京農工大学大学院工学研究科
研究機関
  • 東京農工大学
報告名称 自立都市をめざした都市代謝システムの開発
報告概要 本研究では環境低負荷型の都市システムの形成に資する要素技術開発および都市シミュレータの開発を行った。都市シミュレータはGISデータに基づきエネルギー、廃棄物、水供給処理、雨水流出、交通計画、大気拡散、熱環境、公園アクセス、緑地連続性、都市インフラLCAのサブモデルから構成されている。各種の政策に対しCO2、NOx等の環境負荷を計算でき、くり返し政策を修正することにより環境低負荷に向けた都市計画を支援できる。
研究分野
  • エネルギー消費・省エネルギー
  • 都市計画一般,都市経済学
  • 都市問題,都市防災
  • 環境問題
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業 研究領域「環境低負荷型の社会システム」 研究代表者 柏木 孝夫
研究報告資料
  • 柏木 孝夫. 環境低負荷型の社会システム 自立都市をめざした都市代謝システムの開発. 戦略的基礎研究推進事業 平成7年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.805 - 818.

PAGE TOP