TOP > 研究報告検索 > ゲノム全遺伝子の発現ヒエラルキー決定機構の解明

ゲノム全遺伝子の発現ヒエラルキー決定機構の解明

研究報告コード R030000056
掲載日 2005年3月18日
研究者
  • 石浜 明
研究者所属機関
  • 国立遺伝学研究所
研究機関
  • 国立遺伝学研究所
報告名称 ゲノム全遺伝子の発現ヒエラルキー決定機構の解明
報告概要 「“転写装置”が、ゲノム全遺伝子から利用するものを選択してRNAへ転写し、しかも転写の程度を決定している」という理論を提唱し実証した。環境の変動に伴って、生物が遺伝子発現ヒエラルキーを変えることが出来るのは、転写装置に作用する転写因子の種類に応じて、遺伝子選択の仕方が変わることに依っている。大腸菌や分裂酵母を素材に、全転写因子を同定し、転写装置の遺伝子認識特異性変換の全体像を明らかにするための研究を行っている。
研究分野
  • 遺伝子発現
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業 研究領域「生命活動のプログラム」 研究代表者 石浜 明
研究報告資料
  • 石浜 明. 生命活動のプログラム ゲノム全遺伝子の発現ヒエラルキー決定機構の解明. 戦略的基礎研究推進事業 平成8年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.13 - 39.

PAGE TOP