TOP > 研究報告検索 > 一方向性反応のプログラミング基盤

一方向性反応のプログラミング基盤

研究報告コード R030000059
掲載日 2005年3月18日
研究者
  • 木下 一彦
研究者所属機関
  • 岡崎国立共同研究機構
研究機関
  • 岡崎国立共同研究機構
報告名称 一方向性反応のプログラミング基盤
報告概要 体の中には、クルクルと一方向に回り続ける回転モーター、あるいは一方向にグングン歩いていくリニアーモーター、など蛋白質でできた「分子機械」がいろいろあり、いずれも、分子1個だけで立派に機能を発揮します。光学顕微鏡の下で1分子が働いている現場を直接見て・操作する「一分子生理学」を開発することにより、これら分子機械の働く仕掛け(神様が造ったプログラム)が分かりかけてきました。
研究分野
  • 生体の顕微鏡観察法
  • 分子構造
  • 酵素一般
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業 研究領域「生命活動のプログラム」 研究代表者 木下 一彦
研究報告資料
  • 木下 一彦. 生命活動のプログラム 一方向性反応のプログラミング基盤. 戦略的基礎研究推進事業 平成8年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.73 - 85.

PAGE TOP