TOP > 研究報告検索 > 金属微細トンネル接合システムの物理と素子応用の研究

金属微細トンネル接合システムの物理と素子応用の研究

研究報告コード R030000070
掲載日 2005年3月18日
研究者
  • 大塚 洋一
研究者所属機関
  • 筑波大学
研究機関
  • 筑波大学
報告名称 金属微細トンネル接合システムの物理と素子応用の研究
報告概要 ナノスケール伝導の基本原理の一つである単電子トンネル現象を総合的に研究し、以下の成果を得た。微小ジョセフソン接合では、粒子数の異なる2状態間の量子重ね合わせの観測及びその制御に成功した。散逸による巨視的量子現象の古典化を観測した。さらに、強磁性微小トンネル接合における磁気クーロン振動及び巨大TMRの発見、金属微粒子中の1電子準位の観測、抵抗結合型SET及び室温動作SETの開発などの成果も上げた。ランダム行列理論を外場がある場合に適用し新しいユニバーサリティクラスを見出した。
研究分野
  • 電子顕微鏡,イオン顕微鏡
  • Josephson接合・素子
  • 固体デバイス製造技術一般
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業 研究領域「量子効果等の物理現象」 研究代表者 大塚 洋一
研究報告資料
  • 大塚 洋一. 量子効果等の物理現象 金属微細トンネル接合システムの物理と素子応用の研究. 戦略的基礎研究推進事業 平成8年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.215 - 227.

PAGE TOP