TOP > 研究報告検索 > 低次元超構造のコンビナトリアル分子層エピタキシー

低次元超構造のコンビナトリアル分子層エピタキシー

研究報告コード R030000076
掲載日 2005年3月18日
研究者
  • 鯉沼 秀臣
研究者所属機関
  • 東京工業大学フロンティア創造共同研究センター
研究機関
  • 東京工業大学
報告名称 低次元超構造のコンビナトリアル分子層エピタキシー
報告概要 一つ一つ作っては評価する従来の物作りに代って、組成や作製条件を系統的に組み合わせた一連の物質・材料群(マテリアルライブラリー)を、高速に作り高速に評価するシステムを提案し実証した。特に、ライブラリー構成成分のナノ構造体を設計する高速計算化学プログラム、ナノ構造を集積合成するコンビナトリアル分子層エピタキシー法、および2、3のナノスケール高速物性評価技術、を世界に先駆けて開発した。これにより、新しい機能材料として期待される酸化物と有機半導体を中心に、電子、光、磁気、誘電、熱電、超伝導、およびこれらの複合機能が期待される新物質、材料、超格子、分子層コンポジット、接合素子ライブラリーのスクリーニングを行い、従来の10~100倍の研究開発効率の向上を達成した。さらに、コンビナトリアル手法でなければ得られなかった成果として、透明磁性体の発見や新電界効果デバイスの開発も特筆される。本プロジェクトにより、世界のコンビナトリアル材料科学研究の中核となる前進基地を築いた。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000076_01SUM.gif
研究分野
  • レーザの応用
  • 薄膜一般
  • 無触媒反応一般
  • 固体デバイス材料
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業 研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」 研究代表者 鯉沼 秀臣
研究報告資料
  • 鯉沼 秀臣. 単一分子・原子レベルの反応制御 低次元超構造のコンビナトリアル分子層エピタキシー. 戦略的基礎研究推進事業 平成8年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.297 - 316.

PAGE TOP