TOP > 研究報告検索 > アイソトポマーの計測による環境物質の起源推定

アイソトポマーの計測による環境物質の起源推定

研究報告コード R030000098
掲載日 2005年3月18日
研究者
  • 吉田 尚弘
研究者所属機関
  • 東京工業大学大学院総合理工学研究科
研究機関
  • 東京工業大学
報告名称 アイソトポマーの計測による環境物質の起源推定
報告概要 起源を推定すべき環境物質として重要な地球温暖化ガスを選択した。地球温暖化ガスの一分子種に10種程度存在するアイソトポマー(同位体分子種)のうち存在度の高い数種類のアイソトポマーの自然存在度計測法として、質量分析法とレーザー分光法による新たな計測法を開発した。開発した計測法により地球温暖化ガスの観測を行い、各起源の分類を行った。模擬実験により得られた分別係数と地球規模の観測で得られた指標を解析することにより起源推定の新しい評価方法を確立した。
研究分野
  • 質量分析計
  • レーザの応用
  • 気候学,気候変動
  • 同位体地球化学
  • 環境問題
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業 研究領域「環境低負荷型の社会システム」 研究代表者 吉田 尚弘
研究報告資料
  • 吉田 尚弘. 環境低負荷型の社会システム アイソトポマーの計測による環境物質の起源推定. 戦略的基礎研究推進事業 平成8年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.655 - 666.

PAGE TOP