TOP > 研究報告検索 > タンパク質の膜を越えたダイナミズムを支える細胞機能の解明

タンパク質の膜を越えたダイナミズムを支える細胞機能の解明

研究報告コード R030000100
掲載日 2005年3月18日
研究者
  • 伊藤 維昭
研究者所属機関
  • 京都大学ウイルス研究所
研究機関
  • 京都大学
報告名称 タンパク質の膜を越えたダイナミズムを支える細胞機能の解明
報告概要 細胞の構築において、タンパク質が、遺伝情報翻訳の場である細胞質以外の場所に膜を越えて配置され、あるいは膜に組み込まれることは必須のプロセスです。タンパク質の膜透過を司る装置に膜内在性透過チャネル因子(大腸菌ではSecYEG)と駆動因子(同じくSecA)がありますが、最近このような因子自体が膜を越えたダイナミックな動きを伴って機能することがわかりました。研究では、このような細胞のなりたちの基幹となるシステムの作用機構およびその制御機構を解明します。
研究分野
  • 生物学的機能
  • 細胞生理一般
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 研究領域「生命活動のプログラム」 研究代表者 伊藤 維昭
研究報告資料
  • 伊藤 維昭. 生命活動のプログラム タンパク質の膜を越えたダイナミズムを支える細胞機能の解明. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.1 - 10.

PAGE TOP