TOP > 研究報告検索 > 酸性オルガネラの形成とその機能の解明

酸性オルガネラの形成とその機能の解明

研究報告コード R030000105
掲載日 2005年3月18日
研究者
  • 二井 將光
研究者所属機関
  • 大阪大学産業科学研究所
研究機関
  • 大阪大学
報告名称 酸性オルガネラの形成とその機能の解明
報告概要 動物細胞には多彩な酸性オルガネラが存在しています。内部の酸性度はオルガネラに固有であり、オルガネラ機能に本質的に重要です。本研究では、細胞がさまざまな酸性異環境を作り出す機構を、プロトンポンプや小胞型イオンチャンネルの機能、アセンブリーやオルガネラの融合などを通じて解明します。また、酸性オルガネラが関与する多彩な機能を解析します。本研究は、酸性環境が関与する疾病、たとえば骨粗しょう症などの解明につながります。
研究分野
  • 酵素一般
  • 細胞構成体の機能
  • 細胞膜の輸送
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 研究領域「生命活動のプログラム」 研究代表者 二井 將光
研究報告資料
  • 二井 將光. 生命活動のプログラム 酸性オルガネラの形成とその機能の解明. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.65 - 79.

PAGE TOP