TOP > 研究報告検索 > 水素イオン能動輸送機構の構造生物学的解析

水素イオン能動輸送機構の構造生物学的解析

研究報告コード R030000106
掲載日 2005年3月18日
研究者
  • 吉川 信也
研究者所属機関
  • 姫路工業大学大学院理学研究科
研究機関
  • 姫路工業大学
報告名称 水素イオン能動輸送機構の構造生物学的解析
報告概要 真核生物のATPは、主にミトコンドリアの3種の電子伝達複合体によって能動輸送されて生じた水素イオン濃度勾配の浸透エネルギーを利用して、ATP合成酵素によって作られます。研究では、この酸化還元反応や加水分解反応に共役した、水素イオン能動輸送を行うための立体構造変化をX線結晶構造解析法と赤外分光法によって詳細に解析し、ミトコンドリアのエネルギー変換の本質的理解をめざします。
研究分野
  • 分子構造
  • 酵素一般
  • 細胞膜の輸送
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 研究領域「生命活動のプログラム」 研究代表者 吉川 信也
研究報告資料
  • 吉川 信也. 生命活動のプログラム 水素イオン能動輸送機構の構造生物学的解析. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.81 - 91.

PAGE TOP