TOP > 研究報告検索 > 遺伝子の不活化・活性化を通した植物の生体制御

遺伝子の不活化・活性化を通した植物の生体制御

研究報告コード R030000108
掲載日 2005年3月18日
研究者
  • 大橋 祐子
研究者所属機関
  • (独)農業生物資源研究所
研究機関
  • (独)農業生物資源研究所
報告名称 遺伝子の不活化・活性化を通した植物の生体制御
報告概要 導入遺伝子の不活化が、遺伝子組換え植物の中で頻繁に起こることが問題になっています。また、一度不活化された遺伝子が活性化されることもあるようです。本研究では遺伝子の不活化・活性化を植物の自己防御の一つの形としてとらえ、イネなどを対象にその実態と機構をDNAのメチル化に注目して調べることにより、導入遺伝子や内在性の遺伝子の発現を人為的に制御する方法を開発することをめざします。
研究分野
  • 分子遺伝学一般
  • 植物生理学一般
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 研究領域「生体防御のメカニズム」 研究代表者 大橋 祐子
研究報告資料
  • 大橋 祐子. 生体防御のメカニズム 遺伝子の不活化・活性化を通した植物の生体制御. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.101 - 111.

PAGE TOP