TOP > 研究報告検索 > 糖鎖シグナルを介する生体防御システムの解析

糖鎖シグナルを介する生体防御システムの解析

研究報告コード R030000110
掲載日 2005年3月18日
研究者
  • 川嵜 敏祐
研究者所属機関
  • 京都大学薬学研究科
研究機関
  • 京都大学
報告名称 糖鎖シグナルを介する生体防御システムの解析
報告概要 先天性免疫は下等動物より高等動物まで動物全般に見られる、より基本的な生体防御機構です。最近、先天性免疫において糖鎖シグナルとその認識機構(動物レクチン)が極めて重要な役割を持つことが明らかになりつつあります。本研究では、新たに見い出した数種の動物レクチンを中心に、免疫系特異的糖鎖抗原、生体内異常糖鎖シグナルなどに注目しながら、高等動物から下等動物まで普遍的に見られる糖鎖シグナルを介する生体防御機構の全貌の解明をめざします。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R030000110_01SUM.gif
研究分野
  • 生物学的機能
  • サイトカイン
  • 腫よう免疫
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 研究領域「生体防御のメカニズム」 研究代表者 川嵜 敏祐
研究報告資料
  • 川嵜 敏祐. 生体防御のメカニズム 糖鎖シグナルを介する生体防御システムの解析. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.139 - 151.

PAGE TOP