TOP > 研究報告検索 > 原子層制御量子ナノ構造のコヒーレント量子効果

原子層制御量子ナノ構造のコヒーレント量子効果

研究報告コード R030000115
掲載日 2005年3月18日
研究者
  • 小倉 睦郎
研究者所属機関
  • 産業技術総合研究所光技術研究部門
研究機関
  • 産業技術総合研究所
報告名称 原子層制御量子ナノ構造のコヒーレント量子効果
報告概要 有機金属気相成長(MOCVD)法において、3族および5族の原料ガスを交互に供給することにより原子層ごとに制御された量子ナノ構造(細線、ドットおよびそれらの超格子)を作製し、それらの光学、電子特性を計測およびシミュレーションにより検証するとともに、量子準位のコヒーレントな結合効果を利用した、非線形光学素子や論理演算素子を実証します。
研究分野
  • 半導体薄膜
  • 半導体と絶縁体の電気伝導一般
  • 計算機シミュレーション
  • 固体デバイス製造技術一般
  • 気相めっき
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 研究領域「量子効果等の物理現象」 研究代表者 小倉 睦郎
研究報告資料
  • 小倉 睦郎. 量子効果等の物理現象 原子層制御量子ナノ構造のコヒーレント量子効果. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.217 - 229.

PAGE TOP