TOP > 研究報告検索 > 量子固体と非線形光学 :新しい光学過程の開拓

量子固体と非線形光学 :新しい光学過程の開拓

研究報告コード R030000117
掲載日 2005年3月18日
研究者
  • 白田 耕藏
研究者所属機関
  • 電気通信大学電気通信学部
研究機関
  • 電気通信大学
報告名称 量子固体と非線形光学 :新しい光学過程の開拓
報告概要 量子固体として知られる固体水素は、その光学遷移のスペクトル幅が極めて狭く孤立原子のそれと匹敵し、いわば「孤立分子(原子)の量子性と固体の高密度性をあわせ持つ」系となることが知られています。研究では、この固体水素を非線形光学・量子光学の視点からとらえ、原子系で発展してきた光学過程と凝縮系で発展してきた光学過程の双方を融合する従来の枠組みを越えた新しい光学過程を開拓します。その結果、光エレクトロニクスなどへの活用が期待されます。
研究分野
  • 非線形光学
  • 電子物性一般
  • 分光分析
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 研究領域「量子効果等の物理現象」 研究代表者 白田 耕藏
研究報告資料
  • 白田 耕藏. 量子効果等の物理現象 量子固体と非線形光学 :新しい光学過程の開拓. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.245 - 257.

PAGE TOP